About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
私の街を走った電車/橋本正夫
この本は玉野市を走った電車、汽車、バスをピックアップした作品です。

先日、玉野市電の廃線跡を歩く際に探した資料の一つです。
先に紹介した本の著者が慈悲で作成された本です。
この方はご自身も玉野市の方で、資料を探しに行った図書館へ寄付されたそうです。

サブタイトルは『一レールファンによる記録写真集(玉野市内の電車・汽車・バス)』です。
そうは言うものの、タイトルが私の街を走った電車ですし、本の半分以上が玉野市電の写真や歴史に費やされています。

僕としてはまさに捜し求めていた資料なので、OKだったのですがバスや現在のJR宇野線の方に期待をしていた方は拍子抜けかもしれません。
内容からすると、玉野市電>JR線>バス…といった扱いでしょうか。
バスのほうは、それを目的に読むのは少し厳しいくらいの扱いです。

玉野市電に関しては路線、時刻表、当時の写真、そして設計図まで事細かにあります。
ネット上などでも余り情報がつかめなかった神社前と小学校前の駅の大体の場所はこの本で確認しました。

今回の僕の目的からは外れてしまいますが、延長計画は面白かったです。
玉野市電は宇野駅(現在の宇野駅周辺)~玉遊園地(現在、電車が保存されている場所の近くにある公園)までを結ぶ電車でしたが、当初より拡張の計画がなされていたそうです。
一つが玉野市方向へ延びるもので、玉から和田を経由して渋川まで行くもの。
もう一つは岡山市へ延びるもので、児島湖を経由して、青江や福田を抜けて清輝橋まで行く計画でした。
これらの計画に関する資料があったのは面白かったです。
特に前者の渋川まで延長する計画では停留所の大まかな位置まで決まっているようでした。

懐かしい町並み、懐かしい電車…。
一レールファンではなくても、昔の玉野市を知っている方なら誰でも楽しめる一冊だと感じました。

※さすがのamazonさんでも、この本は扱いが無かったです。
とりあえず僕が見つけたのは玉野市の市立図書館なので、読んでみたい方はそちらへお問い合わせ下さい。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1549-3a849bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記