本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
機動戦士ガンダムZZ
久し振りにガンダム再入学として機動戦士ガンダムZZを観てみました。

ZZはZの続編に当たる作品です。
映画版で覆されてしまいましたが、当時のアニメ版のZは最終回で主人公のカミーユが精神的に崩壊してしまいます。
またクワトロことシャアも行方不明になってしまってはいるものの、時代はZの直後に当たります。
なので登場するMSも共通するものが多いですし、Zの時代の主力だったZガンダム、百式、ガンダムマークIIはこの作品でも活躍しています。

主人公は妹思いの少年、ジュドー・アーシタ。
彼はジャンク屋をしながら生計を立てていた。
そんなある日、彼らの住むシャングリラへ、アーガマがやってきた。
この戦艦にはエースパイロットであるカミーユを失ったZガンダムが乗っていたのだが、彼らはそれを盗み出して一儲けしようと計画をしていた。
しかしこの出来事が、アーガマに乗っていたブライト・ノアに彼のMS操縦の才能を見出させるきっかけとなった。
最初は主体的に戦争へ関わることを嫌っていたが、持ち前の正義感から、徐々にザビ家再興を狙うネオ・ジオン軍との『第一次ネオ・ジオン抗争』に巻き込まれていくのだった…。


ZZというと、最初と最後で随分とイメージが変わった作品と言う印象が強いです。
前半はトムとジェリーのような、コミカルな掛け合いが多い…恐らく、当時のガンダムからすると異色の作品だったのだと思います。
ファーストもZもシリアスな展開が多かったですしね。
遅れて観る僕は大した抵抗は無かったのですが、当時はかなり批判もあったようですね。
その事が、作品が進むにつれてシリアスに変化していくと言う流れになったそうです。
その遷移を上手く利用してなのかキャラ・スーンの最終回は、妙にノスタルジックな気分になってしまいました。

閑話休題。

作品全体から伝わるのはジュドー・アーシタとZガンダムに登場する作品に登場したMSを駆る友人たちからなるガンダムチームを中心とした、若々しい感じです。
マスコットのようなキャラクター、プルも新しい試みでした。
前作のヒロインであるファが前半に登場しますが、キャラクターが変わったわけではないのに、やたらと年増のように感じられてしまったのも、そういった点なのではないでしょうか。
前作までが主人公が年齢の割りに大人びた目線であったのに対して、主要人物が子供の目で戦争を見つめているのは興味深い展開でした。

さて、前作のZにはファーストガンダムからアムロやシャアが登場しました。
特にシャアは準主役といってもいいくらいの位置にいたわけですが、本作ではどちらも登場しません。
その代わりにカミーユは精神的に回復していない状態ながらも重要な役割で登場します。
個人的にはZZはガンダムが長く続くシリーズとなった礎となったようにも思うのですが、いかがでしょう。

ただ一つ悔やまれるのはZガンダムが映画三部作の新訳で、ZZとの繋がりを消してしまったことです。
(※新訳版のZガンダムで、カミーユは最終的に精神的な崩壊をせずにハッピーエンドとなりました)
ユニコーンでは繋がりが残されているので、やっぱりZZも新訳が欲しいですね♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。