本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

旭川/宗田克巳
旭川と言う本を読んで見ました。

岡山県外の方には判らないと思いますが、岡山県内を流れる一級河川の一つです。
丁度、岡山城や岡山の街中を抜けていくこともあって、県を代表する河川の一つだと言っても過言ではないでしょう。

この本はそんな旭川をピックアップした一冊です。

ただ勘違いしてはいけないのは、川だけを追及している本ではありません。
確かに釣れる魚や、洪水の多かった旭川の治水、そしてダムなどについての記載も多々あるので、その知識も沢山手に入るのですが、どちらかと言うと、旭川流域の文化やその歴史についての本です。
川のある生活と言うと大げさかもしれませんが、人と川の付き合いであったり、その周辺で見られる温泉地であるとか、ちょっとした史跡まで、川から大きく離れない範囲内ではありますが、岡山県の大半を縦断する旭川に沿って、岡山県内の文化を斜め読みするような感じの一冊に仕上がっています。

ちなみにこの本も、先に読んだ岡山の旅ほどではないにしても、古い本です。
昭和51年発行、僕よりも年上ですねー。
そして『岡山の旅』と同様に、湯原の写真がきわどい(笑)。

旭川の歴史を学ぶと同時に、更に昭和51年と現在の旭川周辺の変化も楽しめる…古い本ならではの楽しみ方をしておきたい一冊です♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.