本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

考える原則/鈴木敏文
僕は自己啓発や、ビジネス本を読むときに余り固定の著者にはこだわらないようにしています。
偏らず、色々な考えを知ることも、そういった本を読む目的に合うと思っているからです。
しかし鈴木敏文さんの著書は判り易く、実践しやすいという事もあって何冊も読んでしまいます。

さて、今回はそんな本の中から『考える原則』を読んでみました。

この本のテーマは一歩踏み込んで考えるという事に尽きます。
一歩踏み込むという事はどういう事なのか…といった具体例をセブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズといった系列の会社での実践例を元に解説している本です。

例えばPOS(販売時点情報管理)システム。
セブンイレブンの顧客・販売管理のためのシステムです。
このシステムを通して、死に線の商品、売れ線の商品や、どういった商品がどういった時間帯に、どのような客層に売れているのか…などを割り出すことが出来ます。
どういった商品ラインナップをすればいいのかが判るシステムですね。
日本においてこういった管理はセブンイレブンがさきがけで、現在でもそのシステムは世界最高峰の水準にあると言われています。

しかし、鈴木敏文さんはそのシステムから出てくるデータだけでは、商売が縮小してしまうと警鐘を鳴らします。
売れるものだけをラインアップするのではなく、次に売れるものを模索する事。
本文中では『仮説と検証』という言葉が多用されています。
夏でも暑いものが良く売れる場合もあるし、冬でも氷菓が売れる実績もある。
それは仮説を立てて検証して、実際に切り開いてきた売り方なんですね。元々無いものはどんなシステムにも上がらない。
システムに上がるようにするのは、それぞれの人の仕事なのです。

現状が安定し、システムが優れていればいるほど、中の人は安住の地を求めたがります。
冒険しなくても今は安泰なら、それがいいような気がします。
でもその先には衰退しかないんですよね。
では、例えばどのようにすればいいのか?…その答えが本文中にはいくつもちりばめられています。

販売以外の業態でも充分に応用可能な考えなので、気になった方は是非とも手にとって頂きたい一冊です。
それと同時に、この本ってもしかしてセブンイレブンで働いている人に向けられているような気もするのです。
凄く具体的なんですよね。
OFC(店舗経営相談員)の方のお仕事にまでふれてみたり…。
セブンイレブンで働いている方、お店を構えている方は読んでみて損は無いと思いますよ♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.