About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
イレブン殺人事件/西村京太郎
西村京太郎さんの古い作品を読んでみました。

西村京太郎さんと言えば、トラベルミステリーの大家といったイメージが強いですが、トラベルミステリーに移行する前の時期には、本格派(作品中にトリックに関する情報が全て提示され、読む側も推理する事が可能な作品)や、社会派(トリックだけではなく、犯人が事件を起こすに至った背後関係なども描かれた作品)を手がける作家さんとしても人気を博していました。

このイレブン殺人事件は社会派に属する短編集です。
今でも十津川警部は凄く社会派の視点で事件に取り組むキャラクターですし、全く社会派のイメージがなくなったとは思いませんが、この時期はまさに社会派の作品です。
収録作品は以下。

「ホテルの鍵は死への鍵」
「歌を忘れたカナリヤは」
「ピンクカード」
「仮面の欲望」
「優しい悪魔たち」
「裸のアリバイ」
「危険なサイドビジネス」
「水の上の殺人」
「危険な道づれ」
「モーツァルトの罠」
「死体の値段」


上記の全11作品が収録されているので、イレブンです。
てっきりサッカーチームが誘拐されるとかそういった作品かと思って読んだので、ちょっと落胆しました。
でもamazonを見たら一緒の感想を抱いている人がいて、ちょっと安心しました(笑)。

犯人側の目線から描かれる作品集で、短編という事もあって社会派の作品を楽しみたい!という方には少し物足りない部分も有るかもしれません。
逆に社会派っていうのはこういう作品ですよーという点を楽しむのなら、とてもいい入門になると思います。
勿論、量的に物足りないかなと思う部分はあっても、一つ一つの作品は社会派としての面でも、トリックなどの面でも充分に楽しめます。
この頃の西村京太郎さんの作品って、本当にいいんですよねー。
後期の多産期になると、どこかで見たようなトリックが出てきたりする事もあるので(笑)。

上記の作品では凄く身近にありそうな仮面の欲望や、女性の怖さはやっぱり社会派の華でしょう!といった裸のアリバイがお勧めです♪



テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1522-9e4db32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記