本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ターンエーガンダム〈上〉/福井 晴敏
∀ガンダムの小説版を読んでみました。

アニメの∀と言えば、角?の位置が口に移動した『白ヒゲ』の姿が賛否両論で、ガンダムファンでも容姿を受け入れられずに見ていないという方もいるようです。
小説版なら容姿も意識しなくて良いし、楽しめるのではないでしょうか♪

閑話休題。

小説版の∀は、驚くほど正統派のガンダム作品です。
従来型とデザインの大きく異なる機体、どこか牧歌的な雰囲気のあるイラスト、舞台となる世界が少し旧世界…と、表面上の設定の差異が目立つ作品ですが、小説版は、宇宙世紀などにあった政治的な部分や、どうしようもなく戦争に巻き込まれていく人々の姿が如実に描かれています。
他のガンダム顔のガンダム作品を小説にしても、ここまで正統派ではないでしょう。

勿論こちらはストーリー自体もアニメ版よりシリアスに描かれていますし、内容も異なる部分があります。
アニメは子供向け、小説は大人向けというのはガンダムのノベライズでは定番だと思うので、一緒の展開を期待して読むのはNGです。

自分が生まれ育った月、そして降下して以来自分によくしてくれた家族のような地球、そのどちらも味方だと思いたいロランが、それでも∀に乗って戦わざるを得ない状況、やるせない思いというのは、アニメ以上に伝わってきますし、それが勧善懲悪だけでは終わらない『ガンダム』作品の有るべき姿なのだと思いました。
アニメ版が駄目だった方は、それほど難しい内容ではないので小説版を試してみてもいいかも知れません。

上下巻の全2巻の構成です。
今回の上巻は、ロランが月から地球へ降りたところから、ムーンレィスと地球のルジャーナ・ミリシャ、イングレッサ・ミリシャが激突するところまでが描かれています。
∀の覚醒前、ロランが地球の軍として∀を何とか操って戦っている様子が描かれています。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.