本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA/福田己津央
新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGAの小説版を読んでみました。

新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGAと言えば、機械と人間というテーマに踏み込んだ名作ですね。
機械がどんどん発達していった結果として完成した、運転を補助する『サイバーシステム』。

その進化が続いたとき、サイバーシステムは人を超えるのではないか…?


レースに人は必要なのか。

そんなテーマを扱った作品でした。
加賀との個人的な決着を描いたSINよりも、こちらの方が最終回っぽい仕上がりですよね。
その小説版を書いたのは、新世紀GPXサイバーフォーミュラシリーズの監督だった福田己津央さんです。
後にガンダムシリーズ屈指の人気作となったSEEDシリーズを手がけた方ですね。

OVAはTVシリーズと比べて回数が少ないこともあってか、映像作品中では割愛されがちだった主要キャラクターや、それ以外のキャラクターの心理描写も細かいです。
OVAの後に小説版を読むと、それぞれのシーンの補完のようになって丁度良い按配で楽しめます。
キャンギャルにしてもOVAだと突然出てきた謎のキャラクターでしたしね( ̄∇ ̄;)

ただし、この小説版のSAGAは完結しません
そしてほんのちょっとだけエロい

後者はともかく、前者はちょっと残念でした。
精神的に荒んでいたハヤトが気持ちを持ち直し、持ち前のバイタリティ溢れる走りを取り戻す…。
そこまでを描いているのが小説版です。

本当はその後で、アスラーダのレース復帰やレーシングドライバーとは?といった名シーンが続くわけなのですが、そこはちょっと残念。
またOVA見たくなっちゃったじゃないかー。

…って、そーゆー狙いかぁ!




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。