本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

岡山県謎解き散歩
岡山県のキャッチコピーであったり、名産であったり、色々なことのルーツを探る一冊です。

ありきたりなところでは何故に晴れの国なのか、ジーンズで倉敷市の児島地域が有名になった理由…といったものから、果物王国とは言うけれど、何故に果物が盛んになったのか、宇喜田直家の人柄は…?といった、少し踏み込んだ内容のものもあります。

全体的には軽い読み物として楽しくいけます。
コンテンツは以下の通り。
第1章 岡山県ってどんなとこ?
第2章 風土・地理編
第3章 歴史編
第4章 文化・民族編
第5章 経済・産業編
第6章 人物編


読み物としては、特に第1章が、岡山県全般に関して簡単に触れていて読みやすいです。
第2章の風土・地理編も普段見ている岡山県の話題なので面白いです。
第4章もタイトルよりは簡単な感じで、ちょっとした観光のガイドブックくらいの感じで読めます。
ただ…第3章と第5章、この二つは歴史に関する章になるのですが、いきなりヘビーな感じです。

この本は沢山の方が執筆に参加しているので、全体を通して統一された本の雰囲気が少ないという部分は否めないのですが、第1章、第2章が非常に読みやすかったのが、大きく雰囲気が変わります。
決して難易度が高いと言うわけではないのですが、人名を中心に漢字も増えますし、頭の切り替えが出来るまで、少ししんどかったかなー。

しかし全体を通して、殆どの記事が一つのセンテンスに対して2~3ページ内で解説されているので、読んでいて理解が追いつかないという事もないですし、一通り読んで少し岡山県に詳しくなれたような充実感を味わう事が出来て面白かったです。
尚、この本は岡山県限定のものではなく、シリーズで○○県 謎解き散歩として展開されているので、ご自分の興味のある謎解き散歩を選んでみてはいかがでしょうか♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.