About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
旅の短篇集 秋冬/原田宗典
久し振りに原田宗典さんの小説を読んでみました。

僕の中では原田さんはエッセイで笑わせてくれる人という位置づけなので、小説作品は余り読んだことがありません。
勿論、嫌いというわけではなく、平成トム・ソーヤーは読んだらすぐに本を処分してしまう僕の本棚でも、随分と古参兵として居座り続けている名作ですし、独特な雰囲気がくすぐったいような作品を書かれます。
ただエッセイを読みすぎたのか、どうも友達が書いた小説を読んでいるような気恥ずかしい感じを受けてしまい、なかなか手が出せなかったのですが、幸か不幸か、最近余りそういうエッセイを出されなくなったので、久し振りの小説に挑戦しました。

旅の短編集という事で、テーマはまさに旅です。
世界各地を旅した思い出話や、お土産に関する小説です。
そう多くないページ数の中に、非常に沢山の旅の思い出が描かれています。
この作品は秋冬編で、同様のタイトルで春夏編もあります。
秋冬編の方が、少し物悲しいような、でも読んだ後に心がほっこりするような内容が集められています。

サイズで言うと、ショートショートなので寝る前や、ちょっとした待ち時間に読むのにちょうどいいです。
爆笑するような描写もなく、ちょっとだけ現実から離れたような、やっぱり現実にいるような按配の世界が描かれているので、電車の中など、周辺に人がいる時に読むのも安全です(笑)。
原田さんの作品はそこを確認しないと、読む場所を選びますから…( ̄∇ ̄;)

さてこの本は凄く小説的に描かれているのですが、内容としてはエッセイ風に仕上げられた貴方には買えないもの名鑑 を思い出します。
こちらは普段書いているエッセイの文面で、実は実在しないへんてこなアイテムを実在するように描いたものですが、エッセイ風の文面ではないことや、笑いに主題を置いていない点では随分と雰囲気は異なりますが、とても似た作品だと感じました。
こういう真逆のアプローチが出来るのが、原田宗典さんの魅力かもしれませんね♪



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント
踏襲し過ぎないように
≪ちょっとだけ現実から離れたような、やっぱり現実にいるような按配の世界が描かれているので、電車の中など、周辺に人がいる時に読むのも安全です(笑)≫
 
 やはり、現実離れしつつも、また現実に引き戻されるくらいがちょうどいいのでしょうか。
 あまり物語の世界の中に踏襲し過ぎると家の中はいいのですが、周囲に人がいる時には気をつけたいものです。(笑)
[2012/12/01 15:10] URL | タケゾウ #- [ 編集 ]

Re: 踏襲し過ぎないように
コメント有難うございます。
本の虫、中毒日記の藤崎です。

のめりこみたい時、少し冷静な目で読みたい時…って、ありませんか?
周辺に人がいて笑ってたら、ちょっと怪しいですし( ̄∇ ̄;)
そういうTPOで考えた時に、外で読むのにちょうど良い塩梅の一冊です♪
一つ一つも短い話で構成されていて、読みやすいですよ('▽'*)
[2012/12/10 11:05] URL | Fujisaki #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1508-de7e9fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記