本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
裁判官の爆笑お言葉集/長嶺超輝
君の今後の生き方は、亡くなった3人の6つの目が、厳しく見守っている』(松浦 繁)

以前、話題になっていていつか読もうと思っていた本を、ようやく読んでみました。

この本はざっくり言えば裁判の名言集です。
裁判官をされる方は判決を言い渡す際に、判決の理由や反省を促したりするような言葉を口にします。
そうした言葉は被告、被害者、そして事件に関係した人々へ対する想いが込められたものです。
この本はそうした言葉から印象的なものを集めたもので、全て実際の裁判の場で出た言葉です。

例えば有名な事件なら、建築基準法違反(耐震強度をごまかして設計をした)に問われた建築士の姉歯さんの件。
ニュースなどでは生活が貧窮していた等という事情も語られていましたが、実際のところでは借金を片付けて以降も違法な設計を続け、暮らし向きはいいものだったとそうです。
そんな姉歯さんへ向けられた言葉は『この前から聞いていると、あなた、切迫感ないんですよ』という怒りを帯びたものでした。

しかし多くの言葉は優しさに満ちたものです。
ある事件では『あなたの子どもが中学生になるまでに出所できるよう、1年8月の実刑としました』とも言います。
罪の大きさだけではなく、被告の身の回りなどを考えてどうすれば最も更正するのに適しているかまで考えて量刑や執行猶予というものが決められているんだなぁと思い知らされました。
ちなみに『(死刑の求刑を退けた判決で)皆さん、納得はいかないと思いますが、そういうことです』といった言葉も散見されるように、裁判をしている側の人も量刑について悩みや疑問を抱えて言うということもよく伝わってきます。
上記は死刑を退けて無期懲役とした際の言葉ですが、求刑20年に対し18年とした裁判でも、『求刑も判決も、決して重い刑とはいえません』としている言葉もあります。
普段、判決に関してはマスコミなどでも重い、軽いと議論を呼ぶことがありますが、中にいる人たちも犯された罪と法律との間で迷っているのでしょう。
裁判官というのも、やはり人間なんだなぁと思います。

ところで。
本の内容自体に関して…というか、タイトル。
爆笑なお言葉は殆どないんですけど。
どちらかというと感動系ですね。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。