About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
わたしと岡山大空襲/日笠俊男
最近になって岡山空襲を調べ始めました。
以前から調べないといけないと思いつつ、どの資料を調べれば良いのか判らずにいました。
そんな時に『岡山空襲資料センター』と立ち上げて、空襲に関する資料や事実などをまとめている著者の存在を知り、その著作の中から一冊目を選んで読んでみました。

□ 語りかける本
この本は日笠俊男さんが実際に行った講演をいくつか収録したものです。
主に学生向けの内容なのか、語り口調がやさしいことに加えて説明のしかたも非常に判りやすいです。
著者の作品には同じくらいの価格や厚みの本で、もっと空襲のデータなどに重きを置いたものもあるのですが、一冊目としてこの本を選んだのは正解だったと思います。
どういう状況だったのかという事に関しても事細かに説明してあります。
作品の後半で『手記』と題して、空襲の経験者の方々の手記が記されていますが、日笠俊男さんも経験者の一人です。
現在、岡山空襲資料センターの拠点となっている御成町がご自宅でも有り、この場所で空襲に遭っていたそうです。
やさしい口調で語られる空襲の惨状が、『戦争は駄目なんだよ』というありきたりな言葉よりも説得力を感じさせる…そんな一冊です。

□ 伝えたいこと
この本は講演という形をとっている為か、著者が訴えたいことが判り易く感じます。
まず一つは事実を知ってほしいという事です。
岡山空襲資料センターという名前にもある通り、日笠さんは実際の空襲の被害者の体験と同じくらい資料を大切にしています。
それは体験者だからこそ伝えられる事と、体験者だからこそ見えなかった事があるという事を理解されているからでしょう。
僕も日笠さんの著書を見てはじめて知ったのですが、県史でさえ誤った記述があるのです。
被害者の立場だと混乱していたり、余りに近すぎて判らなかったり誤解してしまったりします。そうして生じてしまった誤った情報がまかり通ってしまったのです。
だから準備を整えて整然と空襲を行った側である米軍の資料を見るべきだとしています。
そして事実を挙げ、日本を責めるのでも米国を責めるのでもなく、これが戦争って言うものなんですよ…と。

□ 感 想
読みやすい語り口調だったので重たいテーマではあるものの、すぐに読み終わりました。
今まで聞き流したつもりは無いのですが、知らなかったことが多かったです。
市街地の63%が破壊される空襲で、死者数は1700人以上。(著者は2,000人とも)
原爆の被害や人口密集地の数字とは比べられませんが、決して小さな空襲ではありません。
僕たちの世代は余り勉強させられなかったのでしょうか?
もし状況が今も変わっていないなら、もっともっと勉強していきたいし、もっともっと伝えていきたいものです。



テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1493-30d7ee3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記