本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

あなたの身近な人が「新型うつ」かなと思ったとき読む本/倉成 央
こんな僕でも仕事で人との接し方を考えなければいけません。
肉体的な病気はかかっているお医者さんにアドバイスをしてもらうとして、心の部分では会社の側でもある程度の知識を持っておく必要があると思ったほうがいいでしょう。
という事で、『新型うつ』と呼ばれる新しいタイプのうつ病と闘病されている方との接し方などを説明した本を読んでみました。

まず新型うつとは何なのか。
これといった定義は無いそうで、従来型のうつ病とは症状が異なるもの全般だそうです。
たとえば従来型のうつ病は仕事や休みの関係なく症状が出ていたそうですが、新型うつ病の場合は休日はとても健康的な状態が保てるといった違いが有るそうです。
仕事の中で接する人に対する思いや、投げかけられる言葉が原因になっているそうです。

この本ではそうした原因をしっかりと見た上で、甘やかすのではなく、きちんと事実を伝えて相手に納得し貰った上で仕事を勧めてもらうといった方法を中心に、様々な症例を紹介して、それに合わせた接し方を紹介しています。

新型うつ病は従来のように投薬治療の効果が出にくい傾向にあるそうです。
また周囲が接し方を変えたり、過度の甘えを断つようにすると症状に改善が見られるともあります。
僕は医学的なことは判らないのですが、これは『病気』とは少し違うものなのかなと思いました。
この本も病気に関する本というよりは、コミュニケーションのとり方などの、ビジネス本や自己啓発本の一つとして読んだ方が読み易いのかもしれません。
今のところすぐに必要な知識ということは無いのですが、しっかり勉強しておこうと思います。





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.