本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
倉敷ぶらり散策/倉敷ぶんか倶楽部
岡山文庫の○○ぶらり散策のシリーズから、倉敷ぶらり散策を読んでみました。
それぞれの地域に密着した岡山文庫らしいシリーズですが、倉敷を舞台にした本作は、やはり美観地区周辺の中央や阿智辺りが多くなっています。
歴史などの掘り下げ方や、紹介しているお店の趣旨といい、非常に良い感じです。

もし今後、倉敷へ旅行へ来られる方は有名どころの旅行情報誌と合わせて持っておくといいかも。
倉敷市は歴史的な建造物を観光の目玉としているだけに、何の情報もなく歩き回っても沢山の見所がありますが、それと同時に沢山の老舗や昔ながらのお店が残っている場所でも有ります。
そういった倉敷美観地区の少し古い風景を楽しむのには、この本は凄く合っています。

美観地区なんて何度も行った事がある…なーんて人も、この一冊で後何回かは新鮮な美観地区が楽しめるかもしれません。
たま同市内の玉島バージョンも出ています。
玉島地区も古い町並みが残されている場所なので、この二冊を持っていけば、ちょっと違った倉敷観光が出来るかも!?





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。