About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
赤磐きらり散策
岡山市のベッドタウンとして賑わう赤磐市。
微妙に市内から近いせいか、なかなか行く機会がありませんでした。

どういったところがあるのか調べて、遊びにいってみようかと思い、この本を読んで見ました。

岡山文庫の「赤磐きらり散策」です。
もちろん、遊びに行ってみようとは思っても岡山文庫なので、内容は観光というよりは歴史の勉強に近いです。
なんたってしょっぱなから古墳です。
古墳できらりって、それ人魂…。

順に古墳、寺社、博物館、石碑、そして赤磐八十八箇所霊場です。

古墳が多いのにはビックリでした。
造山、作山に隠れがちですが赤磐地方も結構大きな古墳があります。両宮山古墳は周囲を取り囲む堀が、重要人物の古墳に用いられる二重の作りだったことが判明するなど、今後の研究に興味が寄せられる場所です。
また寺社も趣がある建物が多いので、歴史散策にはいいかもしれません♪
また八十八箇所については、住所の表記の他に地図も付いています。
こういうのって、意外といざ廻ろうというときに手に入らなかったりするので、非常に便利です。

この一冊で、赤磐の歴史は充分に堪能できます。
後は、観光向けのガイドブックで赤磐のページを調べたら出発☆ですね♪



テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1482-e88889a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記