本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スクリーム3
久しぶりに嫁とDVDを見ました。
…何故かスクリーム。
二人でアイスを食べながらの穏やかな夕暮れでした。

ホラーはもちろん、洋画自体も久しぶりで、見る前はちょっと緊張してしまいました。

内容は狙っているのかと思うような王道です。
マスクとマントをかぶった殺人者が、家の中外と縦横無尽に登場して襲い掛かってくる…。
何が怖いって、画面にいきなり飛び出してくる殺人者が怖い(笑)。
和物のホラーは怖いという感覚をつついてくるイメージですが、さすが合理主義の国・アメリカのホラーはお化け屋敷のような単純で、確実な恐怖を与えてくれます。
そこへ犯人探しの楽しさが付与された作品…といった感じでしょうか。

最後の頭、頭を撃つの…!っていう連呼に、不謹慎ながら笑ってしまったり。
ジェイソンのような神出鬼没さや、その半面、逃げている人たちの反撃を思いっきり食らって痛がったり…そんな人間的な殺人者の様子が、ちょっとほほえましかったり。
なるほど、今の時代に続くホラーというのは単純に怖さだけを売っているわけではないんだなと納得させられる作品でした。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.