本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

探偵神宮寺三郎―Early days疾走の街/蕪木統文
小説版の神宮寺三郎はいつか読んでみたいと思っていたのです。
なんたって僕がジャズが好きになったのも神宮寺三郎の影響だぜ!なのです(笑)。

閑話休題。

今回読んだのは失踪の街。『Early days』と銘打たれていることからも推測できる通り、若き時代の神宮寺三郎が関わった事件です。
…って、高校生かよ!というような若い神宮寺三郎が描かれています。

□ あらすじ
神宮寺三郎は偽造免許を入手しようとしていた。
それは彼の兄である二郎の病気を治すために、脊髄移植を行うのに必要な年齢を誤魔化す為だった。
同級生である恩田から偽造免許の入手先を聞き出し、歌舞伎町を訪れていた三郎は偽造免許の作成を依頼する事が出来た。
しかし、次にその場所を訪れた時…、大量の血痕と共に、免許を依頼していた女性は姿を消していた。
そして彼は裏ビジネスを巡る争いへと巻き込まれていくのだった…。

□ 若い神宮寺三郎
やはり見所は純粋な神宮寺三郎ではないでしょうか。
ゲーム作品のような洗練された人物ではなく、正義感の強い熱血漢な少年。それが今作の主人公である神宮寺三郎の姿です。
ちなみに三人兄弟で、既に実業家として第一線で活躍している長兄(一郎)はチョウニイ、先述のジィニイと呼んでいます。
留学先に馴染めずに日本へ戻ってきたばかりで、学校生活にも上手く打ち解けられていなかった…という不器用な彼と、政治家の息子として育ちながらも反骨心溢れる友人の恩田、そしてそんな神宮寺を慕ってくれる同級生の女の子、笹木…と、結構ユニークなキャラクターも登場します。
相棒である御苑洋子が登場しないまでも、退屈はしない面子が揃っています。
っていうか、骨格が違う。
美少年風の三郎君は賛否ありそうですが、なかなか可愛らしいですよ。

□ ゲームへと繋がる設定
高校生の出来事ではありますが、原作であるゲームへ繋がっていく設定も多く見られます。
ゲーム上で登場しなかったエピソードであったり、逆に小説とゲームできちんとつながっていたり…。
一番面白いのは、この作品で神宮寺三郎が手に入れたものでしょうか。
彼が命を救った偽造書類の売人が譲ったもので、『公園前の角ビルの二階よ……一階のテナントはしょっちゅう入れ替わっていて、ビルの前にはいつもどこかの車が違法駐車しているの』です。
あぁ、あの建物ですね。
ちなみにこれは『売っても良い』と言われており、分譲マンションのような形で、正式に神宮寺三郎の持ち物になっているようです。

□ 感想
これが神宮寺三郎か?というと、ちょっと雰囲気が余りにも違いすぎて…(笑)。
でも設定のつながりなどを追いかけてみると、やはり細かく繋がっていて面白いんですよね。
登場人物の内、メインの二人がお金持ちと言うことで、金銭面で上手くやっているきらいはあるものの、作品としても少年探偵の物語としては秀逸だと思います。
恩田少年の将来の姿や、笹木女子の抱く密やかな恋心など、続編が読んでみたいんですけどね…。
今のところ直接の続編は出ていない様子です。
でもファンなら一読しておきたい作品ですね。
成長した三郎が慕っている次兄よりも、長兄に似た雰囲気になっているのも興味深いところです。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
Gibson1632
ECHOES の初期の名曲「10セントの夢」のコード譜を探しています。心当たりのある方、御一報いただければ嬉しいです。よろしくお願いします。
2012/08/25(土) 10:03:23 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.