About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
フォーチュン・クエスト 2-忘れられた村の忘れられたスープ(上)/深沢美潮
随分と久し振りにフォーチュン・クエストの続きを読んでみました。
レベルを作品に上手く取り込んだファンタジー作品ですね。

□ より掘り下げられたシステム
本作でもその影響は色濃く残されており、この作品の始まりは冒険者カードの更新の為の移動でした。
システムとしての冒険者支援グループは、より現実的に掘り下げられ、更新が上手くできるかどうかに頭を悩ませる一行が微笑ましいです。
更新の場所もなんだか混み合う自動車の免許センターを見ているようで、楽しかったです。
システム面が前作以上にしっかり作りこまれて、パステルたちもより現実的にフォーチュン・クエストの世界を生きているように感じますね。

□ あらすじ
カードの更新のために町へ出てきていた一行たち。
無事にカードの更新を終えた後は装備の補強や、それぞれの楽しみのために町へ繰り出していく。
思い思いの時間を過ごしていた彼らだが、

□ 上下巻
さてこの作品は上下巻に分かれています。
上巻の方はカードの更新や町へ出てのショッピングなど、少しスピンオフと言うか、本題から離れた部分が多く描かれています。
色々とぎっしり詰め込まれた一巻から一転、この上巻ではキャラクターの個性や趣味などをじっくり知る事が出来ます。
上巻はしっかりと脱線していくので、主題が動き出すのは下巻に入ってからです。
上下巻でここまで話しが動かない上巻も珍しい(笑)。
でもそれこそがフォーチュンクエストらしさなのかもしれませんね。



テーマ:こんな本を読んだ - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1471-5af2b434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記