本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

悩みはイバラのようにふりそそぐ 山田かまち詩画集/なだいなだ編
山田かまちさんが短い生涯の中で残した作品を、絵と詩とに分けて紹介したもので、水彩画とデッサン、そして詩…と、三つに分けられています。

幼少期から、晩年までを一冊に集めているので、先に紹介した『10歳のポケット』、『15歳のポケット』、『17歳のポケット』と比べると入門編にはいいかもしれません。
ページをめくるごとに進んでいく作風の変化は、思春期という時期を駆け抜けていく若者の姿そのもの―。
そこには甘い恋や、未来への不安、そして自分自身に対する懐疑…。
誰もが通ってきた、様々な複雑な気持ちが綴られています。

一つ特徴的なのは、ばっさりと項目分けが行われている事。
山田かまちさんの詩画集の多くは、イラストと詩を交互に掲載しているもので、詩と絵とどちらも均等なバランスになりがちなのですが、この本の場合は電文で打ち直した詩が、文字だけでずっと綴られています。合間にノートに書き綴られたようなイラストが数点挟まれてはいるものの、ほぼ詩のみで構成されており、山田かまちさんの詩というものを裸の状態で読むことが出来ます。
意外とイラストを除外して読むと、作品の雰囲気が違って見えるのも事実。
この作品を通してみた、画家としての山田かまちさんも、詩人としての山田かまちさんも、どこか新鮮に感じられました。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
悩みはイバラのようにふりそそぐ―山田かまち詩画集
2009/11/20(金) 11:58:59 | ロドリゲスインテリーン

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.