本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

わたしの小さな古本屋/田中美穂
最近たまに訪れる本屋があります。
倉敷市の歴史的な町並みを保ち続ける『美観地区』の片隅にある蟲文庫さんという本屋さんです。

ここ最近は電子書籍で本を読むことが多くなり、たまに読む紙の本も通信販売で自宅や近所にあるコンビニへ届けて貰うという機会が多くなり、本屋に行く機会も減ってきていました。
たまに行く本屋は大きな店舗ばかりで、数ある中から好みの本を探すというウィンドウショッピングのようなノリでしたが、この蟲文庫さんという本屋はとても小さな店舗です。
倉敷市の美観地区には明治やそれ以前の時代からある建物が当たり前に残っています。
美観地区の中心部ではそうした邸宅が昔から店舗を構えている店もあれば、民家などに手を入れて新しくオープンしたお店が見られるのですが、ちょうど店舗がある辺りはお店と一般の民家(どちらも歴史ある建物で、意外と見分けがつきません)が混在し始める辺りにあるお店です。

小さい古書のお店だと、何か専門的な品揃えにしてあったり、凄く古くて歴史的な本を中心に大手と棲み分けをしているところがあるように思いますが、その点では蟲文庫さんは意外とオールマイティにそろえてあります。
少し虫や苔の本が多いくらいでしょうか…。ちなみに店主の田中さんは苔の観察をした本を書かれた事も有ります。
それどころかCDやお店のグッズなど、本以外の商品もあるので驚かされます。
不思議な空間で、広いとは言えない店内に置かれている本の数もそれほど多くは無いのですが、ここで気ままに本棚を眺めていると、自分にばっちりとあった本に出会うことが出来ます。
B級映画にでも出てきそうな話ですが、これは本当の話しです。
機会があれば是非行ってみてください。絶対に本当ですから。

閑話休題。

この『わたしの小さな古本屋』という本は、田中美穂さんが若干21歳から始めた蟲文庫の歴史を綴った本です。
バイトをしながら店を支えたこと、お父様のご不幸でバイトを辞めて専念してみたら、不思議とそれなりに起動に乗ってきたこと…。色々なお話が綴られています。
アルバイト先の配置転属に納得できず、仕事を辞めてしまった田中さんは『納得がいかないので今月いっぱいでの退職を申し出る。(中略)せっかくなので古本屋をやってみようと思う』とその日の日記に綴っていたそうです。
こうして生まれたのが初代蟲文庫さんで、後に場所を移転したのが現在の蟲文庫さんです。

失礼な話しですが、この本を古本屋を開業しようと思っている方は参考にする事は無いと思います。
蟲文庫さんの物語の中にこれといった戦略は見受けられません。
僕は古い店舗は存じ上げないのですが、急な移転で古いお客さんを多少逃してしまっている風でも有りますし、移転した現在の店舗は非常にお洒落で良い雰囲気の店舗ですが、広さで言えば逆に狭くなったくらいではないかとさえ感じます。
参考に出来るのは田中さん自身が何冊か、開業時に読んだ本を紹介してくれているのが一番大きいくらいではないでしょうか。

ただ思ったことをやるという事が成功の秘訣なのではないかと思うのです。
著者はきっと、本が大好きな人だと思います。
大好きな本を大切に選び、並べている。
大手のように整然とした並べ方ではなくて、本好きの仲間の家の本棚を見るような優しい感触が店頭には溢れています。
そういう気持ちがタイトルの『わたしの小さな古本屋』という言葉に篭っているような気がします。

本屋の為だけに倉敷市(岡山県)にまで来て下さいというのは気が引けますが、幸いにも倉敷市の美観地区は県内でも有数の観光名所です。
旅行のついでに、不思議な体験をしてみてはいかがでしょう?とお勧めしておきます。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.