本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
面白いほどよくわかる 神道の全て/菅田正昭
最近、余り有名ではないような神社を訪ね歩く事が多くなりました。
岡山県神社庁のHPの検索機能のお陰で色々と趣きのある建物を見つけては、訪ねてを繰り返しているのです。
しかし神社へ対する知識の少なさから損をしているような気がする!と思い立ち、この本を読んでみました。

神道と一口に言っても、その内容はかなり広域にわたりますし、とことんまで追求すれば、それこそ一生をかけた研究にもなりかねません。
そこでこの本では『日常の暮らしに生きる新党の教えと行事』という基準を立てています。
要するに日常生活の中で訪れる機会のある神社に関係する神や伝承、そして現代でも当たり前に行われている神道の儀式までに留めています。

ちょうど僕が欲しかった知識に合っているので、助かりました。

大社と神社の違いはなんとなく違うんだろうなと思っていましたが、神宮と神社の違いであるとか、神社の名前でその神社がどういう神社なのかが判るといった点(八幡や天神という名称で判る)など、普段よく目にしていた筈なのに、気にした事が無かった事も、今回の機会で勉強になりました。
鳥居の形式や神社の建物の形式なども、色々とあるそうです。
ただしこの点に関しては、この本ではそれほど掘り下げてはいないので、ここをスタート地点に、もう少し建物や鳥居などへ特化した本があれば探してみたいなと思いました。

広く浅く勉強するにはイラストも多くて良いと思いました。
この本で完結しても充分な知識ですし、ここから掘り下げていきたいと思ったところを抜き出して、新しい本との出会いにするのも良いと思いました。

ところでこの本のシリーズのタイトルは『学校で教えない教科書』です。
現在の考えからすると学校という物が必要以上に宗教に触れるのは良くない事なのかも知れませんが、玉串の作法であるとか、神社へ参拝した際の基本的な二拝二拍手一拝の形であるとか…。
そういったところはもっと教えておいて欲しかったなと思ったりします。
社会人なれば会社の用事でも地鎮祭や初詣などでそういった作法が求められるケースは出てくると思います。
そこまで覚えているかどうかは個々の問題として、作法があるということだけでも知っていれば…なんて思うのでした。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。