About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
黒蘭姫/横溝正史
金田一耕助シリーズの短編から、黒蘭姫を読んでみました。

短編で、そう込み入ったトリックを使っているわけでもない作品ですが、僕は結構好きです。
横溝正史さんのトリックに散見される思い込みや先入観が上手く盛り込まれた作品じゃないかなーと思います。
凄く端的に色々な作品で語られるパッと見の曖昧さを表現した作品です。

事件の現場になったのは、ある百貨店だった。
この店には何故か万引きすることが許されている黒蘭姫と呼ばれる、黒づくめの服装で訪れる女性客がいた。
彼女は店員の目を盗んでは万引きを続けるのだが、黙認するように言われていた。
盗まれた品を上司へ報告するだけで、後は丸く収まるのである。
しかしある日、その事を知らない社員二人が彼女を捕まえようとしてしまう。
その際、黒蘭姫は従業員の一人を殺して逃走してしまうのだった…。


短編ですので、ネタバレは割愛して。
個人的にはこの手のトリックを見ると、え?判りそうな気がするけど…。なんて思ったりするのですが、現実には結構こういう間違いってありそうですよね。
間違いというか…意外と最小限の情報で人を判断している気がします。
それを誘う為に、わざと個性的な外観を持つキャラクターを投じてくる手法は、きっと横溝正史さんの十八番ですよね。



テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1455-3650647f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記