本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
ディベートがうまくなる法/北岡俊明
この本を買おうかと思っている方にちょっと注意点が有ります。
タイトルを読むとディベートのハウツー本のように見えますが、決してそういう内容に重きを置いているものではありません。
勿論、ディベートのノウハウや、注意点、そして実際の使用例なども出てくるのでディベートの勉強にもなるのですが、どちらかというとこの本はディベートを勉強する効能であるとか、必要性といった点に注目しているようです。
この後にもう一冊、ディベートの基本…著者の本であれば『ディベートの技術』などを読むのであれば最適かもしれません。

ただディベートの例文に政治的な内容が多いんですよねー。
ちょっと難しい(笑)。
著者の言う相対的なものの見方をするのであれば、それがディベートとして成功の事例なのかどうかも判らないですし…。
特に日韓問題は多くて、何の本を読んでいるのか判らなくなってしまいました。

ディベートの形を借りた著者の政治的な意見を公開する場、みたいな。
日本が駄目なのはディベートが下手だからだという意見はあるのでしょうね。
ちょっとタイトルとは異なった感想を持つ一冊でした。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。