About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
おかやま街歩きノオト 1号/福田 忍
久し振りに本屋さんへ行ってきました。

…というのも、長らくamazonさんや楽天ブックスさんでの買い物や、PDABOOK.JPさんでの電子書籍ばかりで店舗を構えている本屋さんへ行く機会がなかったからです。
久し振りに行った本屋の紙の匂いは、望郷の想いに似ています。
…ちなみに実家から10分そこいらの場所に住んでいますが。

閑話休題。

久し振りに行ったのは『わたしの小さな古本屋~倉敷「蟲文庫」に流れるやさしい時間』という本の著者の方がされている倉敷の蟲文庫さんでした。
また本の紹介も兼ねてご紹介させていただければと思うのですが、そこの店頭でこんな本を見つけました。

『おかやま街歩きノート』。
岡山県在住の著者が実際に歩いて岡山の今や歴史に触れてきた記録を、手作りで発刊されている本だそうです。
ネットでの通販や、喫茶店などの店舗においてある事もあるようですが、実際に本屋においてあるのを見かけるのは初めてでした。

僕も郷土史に関しては人並み以上に関心を持っている方だと思いますし、街を歩き回るのは好きなのですが、福田 忍さんという著者の方はより掘り下げて見て回っています。
特に免許を持っていないそうで、まさに実際に歩いてきた経験なんですね。
なるほど、車で行き来するのでは見えない視点というのは確かにあるようです。

例えば、この1号でのテーマに上げられるまこも川なんて、車で通っていると、川だとさえ思わなかったかも知れません。
側溝だとろう、と。
そういった小さな視点から岡山を探訪する著者は、きっと普段の散歩から充実しているんだろうなと羨ましく思いました。
…ただただ羨ましく思ってないで、実践すればいい。
そんな風に自分を奮い立たせてくれる一冊でした。

この1号では他に、香川県ではあるものの、殆ど岡山県の一部のような直島、縁結びでも知られる岡山神社の周辺、そして、CoMAというお店の紹介がされています。

興味がある方はネットで検索してもいくらか購入できるのと、蟲文庫さん(倉敷市)にはまだ幾分かの在庫があるようでしたよ♪

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1423-0cd83b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記