本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

学校では習わない日本史/山本博文
『読み方で江戸の歴史はこう変わる』という本を改題したのが、この『学校では習わない日本史』です。

僕はコレまでの傾向でこういうタイトルだと、歴史のこういう出来事の裏には『ドロッドロな事がありました』とか、実は些細な出来事が原因でした!とか、そういう流れの内容を想像しがちでしたが、この一冊はそういうゴシップめいた内容ではなく、色々な出来事や制度の実情を追求する本です。

例えば赤穂浪士の事について記載している部分では、こういう出来事がありました…と忠臣蔵について触れ、多くの本ではその後のエピソードであるとか、エピソードの真偽などについて触れるのですが、こちらでは元・山一證券の支店長達の最後の仕事ぶりになぞらえて、武士の物事の考え方から赤穂浪士の思想や美学についてを追求し、その上で、だからこういう流れになっていったという見方をします。
これも確かに、歴史上の出来事を習うだけの歴史の授業では知り得ない部分です。

また制度面からの見方も面白く、留守居役が実は困った存在、そして強大な権力を持っていたという事や、時代劇では定番となった白州のお裁きも中追放(手限仕置き、幕府の重要な直轄地からの追放)までしか町奉行には下せず、それ以上の刑罰に関しては老中へお伺いを立てなければならないなど、まるで刑訴法の授業のように事細かに説明します。

確かにこういう本の内容は学校の授業ではない部分です。
他、鎖国令という物の存在自体を疑問視し、法令を読み取るなど、日本史を歴史としてだけではなく、様々な専門的な立場から見るというのは難しいようで、なかなか面白い。
そこにはベールに隠されていた本来の江戸の姿が見え隠れするようです。

しかし山本博文さんが伝えるこの本の内容を通してみると、江戸時代というのは、意外なまでに現在との差異の少ない、仕組みとしてよく出来た時代だったのだと思います。
そしてその良さは、たとえ江戸時代が終わった今でも脈々と引き継がれている部分が少なくないのだと、改めて繋がっている歴史を感じさせてくれます。

尚、本作にウサギは出てきません



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.