本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

頭文字D32/しげの秀一
先日、久し振りに頭文字Dの最新号を読んだので、懐かしくて個人的にも印象的だった32巻を読み直してみました。
プロジェクトD編の中でも最強の相手として数えられることの多いゴッドフットとゴッドアームとの戦いが終わった直後から始まるストーリーです。

この試合の直後、高橋涼介の計らいでゴッドアームこと城島俊也の乗るS2000の運転を同乗して見せてもらうというシーンが有りますが、そこでの台詞が印象的です。

どれほどの技術を習得していても… これでもういいと思ってしまえば その状態を維持する事も難しい…
常に上を向いて 努力をつづけていなければ… 上のレベルに移行する事はできない…


この後には城島俊也の自分はそれでも現状維持が精一杯だという、年長者らしい言葉が続くのですが、この台詞は頭文字Dの中でも一番の名台詞だと思っています。
アニメ版の頭文字D Fourth Stageのラストを飾る台詞でもありますね。
恐らく、僕は連載のほうを読んでいたのかここまでを読んで暫く新作から離れていたのですが、この32巻はちょっとした出来事が有ります。

それがプロジェクトDの偽者騒動です。
プロジェクトDの名を語って悪さをするわけではないので、最初は放置しておこうとする藤原拓海ですが、自分の名前を語る偽者が女の子をナンパして傷つけてしまったことを知らされ、討伐へ向かいます。
その際に知り合ったのが上原美佳で、後にヒロイン役になるキャラクターです。
久し振りに読んだ際にこの人の存在が理解できていなくて苦しんだものですが、32巻を読んでおけば安心ですぜ♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.