本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ゴースト・ハント(アニメ)
先日、ひと通り読破していた悪霊シリーズ、ゴースト・ハントのアニメ化された作品も観てみました。

僕が見たのは5年ほど前の2007年頃に発売されていたDVDです。
アニメがテレビで放送されいたのも2006~2007年なので、原作から随分と経ってからのアニメ作品だったようです。
そのせいか、原作には古き良き時代のライトノベルの香りが強く残っているのに対して、アニメの方はイラストからキャラクターの雰囲気まで、とても軽いノリで、新鮮な雰囲気になっています。
特にキャラクターのデザインはリライト版にも通じるデザインになっており、谷山麻衣辺りは本当に今時の女子高校生といった雰囲気です。ナルも原作に比べるとすっきりしていて、リンは悪霊シリーズのナルのようになっていますね(笑)。
特に印象的な所では、ラブコメな部分は世代交代したような感じで、古さを感じない仕上がりになっていました。
原作に比べると谷山麻衣に嫉妬する原 真砂子という構図もはっきりしていて、面白いですよ♪

基本的には原作に忠実に再現されています。
幾らか割愛されたりしたシーンもありますが、これなら原作を愛してやまない人でも抵抗なく見ることができることでしょう。
また原作以外の作品も入っているのですが、これはアニメオリジナルではないようで、漫画版の悪霊シリーズのオリジナル作品が入っているようです。

原作にない作品は以下です。
4話:「公園の怪談!?
12~13話:「サイレント・クリスマス
公園の怪談!?は、公園でデート中のカップルを襲う怪現象を調査したもので、幽霊自体のテンションの軽さや、原 真砂子がボケ役を演じるなど、原作にはなかった雰囲気が堪能できます。
サイレント・クリスマスはリンをボケ役?に据えた作品で、公園の怪談!?に比べると、原作に近い作風です。

また原作から抜けている作品もあります。
実は最終巻の「悪霊だってヘイキ!」の上下がアニメ化されていません。
この作品でナルの素性や何が目的で事務所を開いていたのかなどが解明されるのですが、そこが抜けてしまうので、終わり方がみんなでこのまま楽しく過ごせたら♪といった感じに変えられています。
また続編である「悪夢の棲む家」もアニメ化から外されています。

ぜひ、機会があるのであれば…。
アニメの方も続編をして欲しいですね♪
岡山は田舎ですがテレビ東京の系列局があるので、今度はリアルタイムで見れますぜ☆



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.