本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
フルメタル・パニック!4終わるデイ・バイ・デイ(上) /賀東招二
続きを読んでみました。
ハリウッド映画化について調べてみたのですが、初報から続報は無いようですね…。
映画化までに全巻読破を決めましたぜ!

シリーズ初の上下巻です。
あとがきで(恐らく読者層のメインである若年層へ向けて)二冊に分かれてしまった事を切々と詫びる著者の人柄に笑ってしまいました。

東京では高校生をしながらウィスパードである千鳥かなめを守る任務につき、更に必要になれば彼が所属する傭兵組織・ミスリルの最新兵器にして唯一のラムダ・ドライバ搭載兵器であるアーバレストの操縦士として世界各地の紛争の地へ派遣されるという忙しい日々を送っていた相良宗助。
ようやく学校生活にも馴染み始め、徐々に今の生活を楽しめるようになっていた頃、彼に一つの辞令が下される。
千鳥かなめの警護は他の部署へ移し、彼は従来通り傭兵に専任する事になったのである。
憤りを覚える相良宗助だったが、上官であるテレサ・テスタロッサの言葉もあり、日本での生活を引き払った彼だったが、新しく派遣された上官にASの試合で負かされ、更にアーバレストへの不信感も突きつけられるなど、散々な再スタートとなるのだった…。


上下巻に分かれた理由は、演出なんですよね。
高校生として充実した様子を描き、そして引き離す。
珍しく憤慨し、更にかなめに対する申し訳なさから黙って消えるなど、初期に比べると随分と人間らしくなった彼の姿が印象的です。

下巻が早く読みたくなる作品ですねー。
ただ僕はリアルタイムの読者ではないので、既に全巻積読してあるので、この待ち遠しさを楽しむことが出来ませんでした。
連載作品などを読むときは、こういう時間のもどかしさが楽しいのに…と、寂しく思いました。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。