About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
フルメタル・パニック!3揺れるイントゥ・ザ・ブルー/賀東招二
続編を読んでみました。

そもそもハリウッドで映画化されるという情報を見てから読み始めた作品ですが、この作品辺りはハリウッド映画になりそうな感じですよね♪

相良宗介が千鳥かなめをトゥアハー・デ・ダナンの就航一周年の就航に連れ出した。
二人きりで南の島へ…と誘われていた千鳥かなめは最初こそ不機嫌だったが、徐々にミスリルの面々とも打ち解けて楽しい時間を過ごす。
しかしミスリルの実戦を目前にした千鳥かなめは言い知れない不安や、いつもと違う相良宗介に戸惑いを覚えていた。
だがそんな感傷的な時間も程ほどに、トゥアハー・デ・ダナンは乗っ取られてしまう。
実行犯は、かつて死んだはずのガウルンだった―。


なので戦いの大半は戦艦の中です。
雑に読んでいたせいか、僕はこの船は大和のように空(宇宙)でも飛んでいるのかと思いきや、海の中だったんですね。
もうちょっと丁寧に本を読まなければならないなと勉強になりました。

千鳥かなめ以外のウィスパードの存在や、アーバレストの開発者など、何かと細かい情報の詰まった一作です。
二人きりのラストシーンなんかは、本当にハリウッド映画が似合いそうなのですが、いかがでしょう♪
…というより、実際に映画化するのでしょうか(笑)。

それとあとがきを読んでいて知ったのですが著者の賀東招二さんは遊演体におられた方なんですね。
オンラインゲームの始祖?ともいえるPBMのゲームを開発していた方ですね。
僕がちょうど中学生の頃でしょうか、ちょっと話題になっていたゲームだったので、意外な再会に驚きました。


テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1392-9d8c9e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記