本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

グロリア・スコット号/シャーロック・ホームズの回想 The Adventure of the Gloria Scott
『ここに、こんな書類があるんだけどね、ワトソン』
ホームズがそう言ってワトソンに渡した変色した手紙―。
結果的にある治安判事の命を奪う事となってしまったというその手紙の内容は、しかしさっぱり意味不明のものだった。
面食らうワトソンに笑いかけるホームズ。
頑強な老人がこの手紙を読んだ事ですっかり打ちのめされてしまったのだという事を伝える。

なんだか面白そうな話だ 。』
↑ワトソンの反応です。
これを見ていると、切り裂くジャックはワトソンだったんじゃないのかとさえ思ってしまう。この医者、たまに冷酷な一面を見せているような気がして仕方がない。

ホームズがワトソンにこの手紙を見せたのは、これがホームズが始めて手がけた事件だった…という事からである。
この事件の中心事物、地位もあり、そして世間を知っているトレヴァー老人の一言、『きみの身を立てる道はこれかもしれないな』から、ホームズは自身の推理癖がただ好奇心を満たすものではなく、職業として…それはやがて世界初の諮問探偵という形になる…成り立つという可能性について考えるようになったという意味では、まさに探偵としてのシャーロック・ホームズの産声となった事件です。

尚、このトリヴァー老人というのは、ホームズがカレッジ時代の二年間に作った『唯一の友人』だそうです。
せ、切ねぇ…。

出会いも劇的で、彼の飼い犬だったブルテリア(愛らしい顔をした闘犬の一種)に噛み付かれ十日間ばかり床に伏したのが知り合うきっかけでした。
文面から察するに大怪我です。

そして更に親しくなる為の共通点というのが…友人がいないこと

…なんなんだ、こいつらの関係!

それはさておき、親友と呼べる間柄にまで発展した二人。
長期休暇に彼の実家、ノーフォークへ招待されたのだった。先に紹介された老人というのは、この親友の父親だったのである。
友人がホームズの推理能力について語るのに興味を抱いた老人は、自分からどのような事が見出せるのかを試そうとする。そこでホームズシリーズの定番、一目見ただけで依頼人の素性などを読み取る、あの世界的に有名な推理が披露されたのである。
ホームズは『ここ一年ほど誰かに襲われる事を警戒している』、『若い頃にボクシングの経験がある』、『採掘の仕事をしていた』、『日本へ来た事がある』、『かつてJ.Aのイニシャルを持つ人と親しかった』…最後の推理までを聞くと、老人は思わず卒倒してしまった。
ここまでの推理を受けて、老人はホームズに対し、冒頭で述べたような職業としての推理の道を提案したのだった。

しかし、ホームズは老人が自分に対して何を知っていて何を知らないのか…懐疑的になり、自分がいては落ち着かないようだと悟ると、大罪を切り上げる事にした。
その最終日の前日、老人の古い友人という船乗りの男が訪れる。
そして、この男が平穏な暮らしに大きな変化をもたらすのだった。

切り上げた後、研究をして過ごす日々を続けていたホームズ。
そこへ友人から知らせが入る。
それはホームズの助言と援助を求める物で、ホームズが現地へ駆けつけてみると、丁度老人が息を引き取ってしまった後だった…。

ネタバレ等は続き以降で。


やってきた船乗りの態度に頭がきた友人がその男が父親に取った無礼な態度を見かねて肩を掴んで男を連れ出した…しかし、男の激昂と共に、父親はその行動を謝罪するように求めたのである。
それを拒否し続けていると、やがて男は家を出てしまう。
事態はそれで落ち着くように思えたが、そこへ冒頭の手紙が届き、そのショックで老人は倒れ、そして息絶えてしまったのだった…。

The game is up.

手紙から解読された暗号、そして老人が残した遺書…。
心臓が弱っていたとはいえ、老人を死に至らしめた『グロリア・スコット号』でかつて起こった事件の謎が解き明かされる。

最後に老人が残した遺書で全てがわかるわけですが、この遺書、ちょっとだけ妙な点があります。
老人は手紙を受け取るや否や卒中で倒れてしまい、その後は息を引き取る寸前に少し意識を取り戻して、遺書のありかを伝えて死んでしまったはずなのに、老人の遺書の中で、彼を死に至らしめた手紙…冒頭でホームズがワトソンに手渡した暗号になっている文章を読んだという事実が記されているのでした。

何にせよ、ホームズにとって最初の事件はこうして幕を閉じたのでした。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
ぐうたらぅ
ホームズの話ではよく不謹慎な「面白い」発言ありますよねー。
私も気になります。

そういうのは日本語に訳すときに画一的な訳になってしまって、
英文ではいろいろと違う表現になっている場合もあるようです。
問題の「なんだか面白そうな話だ。」は英文を見ると
「好奇心をそそるね。」という感じなので、
そんなに不謹慎な発言ではないかもしれません。
(英語のニュアンスはよくわかりませんが。)
2007/05/12(土) 05:33:56 | URL | [ 編集]
管理人@tontonme
こんにちは!
ホームズシリーズ、色々と不謹慎な発言はありますよね。
時代柄なのでしょうか、ホームズに限らず古い版と新しい版を比べて読むと面白いですよね。使えなくなった表現を上手くごまかしていたり。

訳し方もありますよね。
微妙に日本で使うニュアンスとは違っていたり、含ませる意味が日本の表現ではどうも上手く決まらなかったり…、色々ですね。
2007/05/12(土) 15:52:05 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.