本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン・コンプリート
ファイナルファンタジー7の続編となる動画作品を観てみました。
この作品のひとつ前のバージョンとなる『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は見ていないのですが、とにかくブルーレイで見ると素晴らしく綺麗です。
CG作品ですが、本当に驚きますね。

閑話休題。

物語の舞台は本編から2年後です。
クラウドとティファはパレットの養女であるマリン、そして戦いの後に流行った謎の病である『星痕症候群』を抱える子供であるデンゼルと一緒に暮らしていた。
星痕症候群を何とか癒そうとしていたクラウドだが、自身もその病に犯されてしまい、やがてティファたちと離れて暮らすようになってしまった。
自分には一人の人間を救うことも出来ない…。
そんな無力感に苛まされ、自らを救って死んでいったザックスの墓標に思いを馳せる日々を送っていたクラウド。
しかしそんなある日、彼を兄と呼び、『母さん』を取り戻そうとする、3人の青年に襲われる。
そして再びセフィロスを中心とした戦いが始まり、かつての仲間たちが一堂に集結するのであった…。


前作では内面の弱さが散見されたクラウドが、本作では自分自身と向き合う様子が描かれています。
7は容量の問題で割愛された部分があったそうですが、それがこのシーンだったのでしょうか?
本編では半分くらいは自分を失っている状態で、残りのシーンのみでなかなか知りえる機会も限られていましたね。

後、この続編となるアドベントチルドレンですが、とりあえず『クライシス コア ファイナルファンタジーVII』はプレイしておいた方が良いです。
これはPSPで発表されたクラウドが自身をソルジャー1stだったと思い込むきっかけとなったザックスとの出会いが描かれている本編前夜となる作品ですが、今回の作品中の、結構良い場面でザックスが登場します。
そもそもアエリスとザックスの関係を知らないと、ラストで『何でお前ら連れ添ってんねん』(ネタバレなので、反転して読んで下さい)なんて事になってしまいます。
僕はクライシスコアが好きだったので、ちょっと嬉しいシーンでしたけどね(笑)。

ストーリー自体もそうですが、とにかく映像の迫力には驚かされます。
ブルーレイ×大き目のディスプレイでしっかり楽しみたい作品です。
本編はなかなかリメイクが行われていない作品ですが、思い切って映像化してくれてもいいとさえ思いました♪




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。