本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | Page Top↑
ロック・ザ・バイオグラフィ/監修:山田道成
幅広い音楽シーンの冊子を発行し続けるシンコーミュージックらしい、ロックの有名どころを集めた一冊です。
著名でかつ後の音楽シーンへ影響を与えたアーティスト/バンドの歴史を紹介する内容です。

ジャズやブルース、いわゆるクラシックミュージックのジャンルでは数多く出ているものの、ロックのジャンルでこういった本が少なかったので、ロックというのもそれなりの歴史を重ねてきたんだなと思います。
僕は音楽の聴き方に癖があって、何か新しい音楽を聴くと、そこから歴史を辿り始めます。
なのでSKID ROWからGN'R、GN'Rからジミー・ペイジなどのレスポールを愛用するギタリストたちやT-rex、Hanoi Rocks、それにKISS…といった具合に逆行していきます。
そういった時にこういう道しるべになるような一冊があると、本当に便利です。

ただこの本は少し古い本です。
新しく出すとしても、時代の流れとしては、こういった冊子の需要は終わり始めているのかな…とも、同時に思いました。
wikipediaのようなサイトで見る事が出来る情報と、余り大きな差異があるとは思えません。
寧ろ、wikipediaのリンクを次々にクリックしていきながら、興味がある楽曲はyoutubeや公式サイトの試聴といった具合に進めていった方が近道であるとさえ思えるのです。
これからロックを聴き始める、ロックキッズたちには、そちらの方がCDや楽器を買うお金があっていいのかもしれないですね。

ただ情報の正確さや、シンコーミュージックだからこそ知っているような情報など、楽しみどころも沢山です。


(※上記の本と、僕が読んだ本は発行年が異なります。僕が読んだのは電子書籍として出版されたものでした)


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。