About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
悪霊だってヘイキ!上(ゴーストハント7・扉を開けて)/小野不由美
悪霊シリーズの最終巻は上下巻でした。
リライト版の最終回はまだ読んでいませんが、もしかして一作にまとめられたのかな?
いずれ、調べておきます。

□ あらすじ
作品は前作の続きから始まります。

会員制の旅館を訪れ、傷を負ってしまった一行と、気功の力を使い果たして一時は生死の境をさまよっていたナル達は、そのまま能登半島周辺に留まっていた。
そして無事にナルの退院の日をいつものメンバーで迎え、東京へ戻ることにしたのだが、途中で迷い込んだ道でナルの様子が一変する。
彼が捜し求めていた場所が見つかったというのだ。
そして渋谷サイキックリサーチの解散を宣言し、他のメンバーには帰るように伝えた。
しかし納得できない一行は、詳しいことを話そうとしないナルとリンと共にその場に留まることにした。
やがてナルは少しずつ真相を話し始める。
湖を捜索している理由、そしてそこから見つかるであろう物の正体を。
しかしそれが見つかる前に、彼らへ一つの仕事が持ち込まれた。
近くの廃校の心霊調査だった。
調査を専門のダイバーへ委託していた為に手が空いていたナルは、いつものメンバーでその仕事を引き受けることに決めたのだった…。


□ 見所
見所は間違いなく、ナルの秘密です。
但し上巻で明らかになるのは、ちょっとだけです。
かなり気になる展開のまま、下巻へ続いていきますぜ。
後、ちらっとジョンの秘密も登場したりしますし、ぼーさんの秘密も登場します。
どこまでが下巻で明らかになるのか…!?が、とっても楽しみな上巻です。
良く考えれば結構謎のまま引っ張られたなー(笑)。

□ 感想
上巻という構成上、物語はいいところで終わるので作品自体の感想はそちらに回しましょう。
ただ上巻は読んでいる人間までも惑わせるトリック付きです。
ネタバレになるので詳細は書けませんが、マリコちゃんとタカト君が登場したときは、ページをめくりすぎたのかと思って思わず逆戻りしてしまいましたぜlol
推理小説で言うところの叙述トリックというやつでしょうか。
上手いやり方ですよね~。
本ってじっくり読んでいるつもりでも、登場人物が違和感を感じなければ、こうも容易くはめられてしまうんだなぁ、と。
既読の方には頷いていただけるでしょうか?
未読の方は覚悟しておいてください♪
混乱させられますよ、あなた!



テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1372-d8bee062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記