About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
黒猫亭事件/横溝正史
金田一耕助シリーズの、時系列から言うと二番目に当たるとされる事件を読んでみました。

この作品で横溝正史さんと金田一耕助は『出会う』事になります。
金田一耕助シリーズは基本的に金田一耕助が出会った事件について伝えられた『Yさん』が作品化したものです。
有名どころだとルパンやホームズも同様の手法をとっていますね。
勿論、ここでいうYさんは横溝正史さん自身の事です。
この作品の冒頭で、岡山の疎開先を訪れたのが金田一耕助自身で、二人は初対面を果たします。
なので…実は本陣殺人事件は主人公の許可を得ないまま発表された作品だった事が発覚しています。
ちなみに金田一耕助のモデルとなった人物も横溝正史さん自身だとも言われますが、横溝正史さんったら、意外と出たがりだったのでしょうか(笑)。

閑話休題。
前作、本陣殺人事件では密室殺人を描いて見せた横溝正史さん。
金田一耕助と知り合って、彼の事件を描く許可を貰ったのか、この事件はリクエストに応じて送られてきた事件簿です。
そのテーマは顔の無い死体です。
古典的な手法の一つである顔の無い死体の事件に、横溝正史さんなりのアレンジがどう加えられるのかは読んでみてのお楽しみです。

店主が手放した為に、一時的に空き家になっている酒場『黒猫』という店があった。
そこで巡回中の警察官が、すぐ裏にある寺院の僧侶が死体を掘り返している場面に遭遇してしまう。
僧侶は死体が見えたので、こっそり掘り返しに来たという。
しかし実際に出てきた死体には大きな問題があった。
顔が識別できない状態だったのである。
そこで調査が進められたが、店主とその妻は引き上げ者だったこともあって、神戸のほうへ行ったらしいという意外には詳しい情報が手に入らない状態だった。
行方が判らない女性の中から死体の候補として挙げられたのは、店主だった男の愛人、そしてその妻だった。
良く聞き込みを続けていくと、店をやめる少し前から妻の方は顔の肌が悪くなってしまい、誰とも会っていなかった事が判るのだった…。


結構手が込んだトリックの作品です。
短編と言うほど短くは有りませんが、短い作品なので二度は読み直したくなる事でしょう!

ネタバレ等は続き以降で。



この作品は実は冒頭で大きなネタバレがあるんですよね。
作者は推理小説の三大トリックとして、密室殺人、顔の無い死体、そして一人二役を挙げています。
更に顔の無い死体は犯人と被害者の入れ替えが多い、と。

もうこの記述が全てなんですよね。
読み直そうとして、余り関係ないから飛ばしてもいいかなーなんて思っていた、横溝正史さんと金田一耕助さんの会話などのシーンに、実は全て出ていました(笑)。

ネタバレ等は…と書きつつ、実はネタバレのように書くのが難しい作品なので是非とも読んで欲しいですね。
また金田一耕助シリーズが好きな人にとっては、横溝生産との出会いは名シーンのはず♪
色々と楽しめる作品だと思いますよ。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1363-8a3cbbdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記