About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
覚悟の決め方 僧侶が伝える15の智慧/河野太通、南 直哉、, 釈 徹宗、田口 弘願、小池龍之介
心に優しい本を読んでみました。

東日本で起こった震災後、色々な心情になっている人たちへ向けて、5人の僧侶が綴った『覚悟の決め方』です。
起こった出来事を受け入れる事、乗り越えること、そして人とのつながりを再認識すること…。
それぞれの僧侶がそれぞれの言葉で優しく語りかけてくれます。
僕は幸いにも今回の震災でも、そして過去を振り返ってもこれといった被災の経験はありません。
しかし、実際に経験した方や、テレビを通してPTSDになってしまった心優しい方…色々とおられると思います。
そういった方々へ向けての、本当に優しい言葉たちが踊るこの本は、そういった人たちは勿論、幸いにも被災せずに日常を過ごせている人たちにとっても、勉強や癒しになってくれる本だと思います。

仏教の教えを学ぶという意味でも、興味深い一冊です。
今回は東日本大震災というテーマに基づいて書かれているわけですが、それぞれの僧侶の方々が書く内容は違えど、仏教の目指す根底にある揺るがない部分に気付かされるようです。
後、個人的には一冊同じ著者の書く宗教的な本と比べると、5名の方々の共著であるこの本は非常に読みやすかったです。
僕は天邪鬼なところがあるので、どこかで『これはこの人の考え方が多く含まれているのではないか』などと邪推してしまうのですが、5名の方からそれぞれに語りかけられると、凄く受け入れやすいんですね。
そして尚且つ、5名の方々に共通している何かは確かにあるように感じれるのです。

そういう読み方をするのにも、お勧めの一冊だと思います。



テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1361-e4263941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記