About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-
前作を見てからずいぶんと時間を空けてしまったのですが、続きを見ました。

寧ろこの第三作目が観たくて手に取ったDVDだったというのに…(笑)。


第三勢力として現れたハマーン・カーン率いるアクシズ。
エゥーゴともティターンズとも上手く距離をとりながら、戦線をコントロールしていく。
三つ巴の戦線は混乱を極め、多くの人々が傷つき、死んでいくのだった…。
そして残されたカミーユ、シャア、シロッコ、ハマーンの決戦のときが迫る。


とにかく混戦です。
そして恋愛です。

作品中に登場するわけでもないのに久宝留理子さんの楽曲が頭の中を駆け巡っていきました。
タイトルにもあるのですが、三部作の最後のこの作品では人々の感情が非常にフィーチャーされています。
レコアの動きはとても象徴的ですし、カツ(小林さん)とサラ、そしてもちろんハマーンとシャアに…。
色々な感情が交錯します。

全てが色恋沙汰の愛ではないと思いますが、色々な感情の抱き方や、色々な感情の表現の仕方、そして求め方があるんだなぁと、今更ながらにZガンダムという作品の複雑なつくりを思い知らされたような気がします。

ネタバレ等は続き以降で。




三部作とは言えど、アニメで50話あったものを数時間にまとめるということもあって、最後は人がどんどん死んでいきます。
少し残念だったのは、主要キャラの死亡シーンでさえ流れるように感じられてしまったことでしょうか。
カミーユのライバルとして戦い続けてきたジェリドの死なんかも、もう少しいじって欲しかったかな…なんて。
カミーユがZに乗り換えた辺りから徐々に存在感が薄くなってしまうのですが、それでもエリート色の強いカミーユに対して、(この人ってニュータイプなのか?)その存在をばねに強くなろうとしたジェリドという構図は、個人的には好きだったのですよ。
でも一番はカツ…。
ファーストガンダムからの登場キャラクターなのに、三部作ではただの事故死です。
せめて狙撃で死んだだけでもいいと思うのですが…。
事故死じゃ、サラとの意思疎通のシーンも寂しすぎますぜ!

…と、不満に思う部分が無いわけではないのですが、僕はやっぱりこの三部作バージョンの方が気に入りました。

個人的にはZZも好きだし、その歴史へ繋がらなくなってしまう事は寂しいとも思います。

でもカミーユがZの機体を起こし、ヘルメットの交換だけで大丈夫だと言い切った瞬間…。
僕の中にあった悲しい思い出が、ようやく終わりました。

劇場版とアニメの最大の違いはラストシーンです。
アニメではシロッコの思念まで取り込んでしまったカミーユは精神的にダウンしてしまい、結局それがZZのジュドーがガンダムを操るきっかけになるわけですが、劇場版ではカミーユは正気を保ったまま戦いを終えます。
そしてたくさんの死んでいった仲間たちの心を感じた上で、実際に生きているファと抱き合える事を、アーガマのクルーがあきれるくらい喜んで見せます。
このシーンでは二人の会話をアーガマのスタッフが生真面目に(もちろん男の声で)機内へ報告するという、少し微笑ましいシーンがありますが、Zのラストシーンがこんな暖かいものになって帰ってきてくれたことが、本当にうれしかったし、僕の中の思い出は新訳に置き換えてしまいました。

個人的にはスピンオフのような扱いになるとしても、ZZも劇場版にして欲しいという気持ちはあるのですが…。
カミーユの結末が時代の流れとともに、変えられたように、いつかそんな時代も来るのかもしれませんね。

その時は、僕がどんなおっさんになっていても…必ず観ますよ!

っていうか、三作目は仕方ないとは言えど…。
アムロ、脇役すぎでしょ。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1347-2f177b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記