本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

老巡査/夢野久作
夢野久作さんのミステリっぽい作品を読んでみました。

ミステリーな舞台で描かれているだけで、ミステリーではないのかも知れないですね。

物語の主人公となるのは、今で言うところの駐在所のような形で働いている年配の警察官だった。
彼は長く勤めていながらも大きな功労を上げる事も無く、波のない人生を送っていた。
しかし、ある夜…凶悪な強盗殺人を見過ごしてしまい、クビになってしまう。
被害者は普段よりお世話になっていた住民で、更に同時に仕事まで失ってしまった彼は、警備員として余生を過ごすことになった。
しかし、彼はその新しい職場でかつて起こった犯罪の解決の糸口となる事実を耳にするのであった…。


こういった作品では老巡査が実は昼行灯で、いざとなったら凄く活躍をする…というパターンが定番ですが、今回の主人公は良くも悪くも平凡な人間的な人物で、自分の無力さに涙するばかりです。
でも、多くの人はそうなんじゃないかなと思うのです。
無力な自分が嫌で、でも何かをしたいと願っても手が届かない事の方が多くて…。

著者は最初の強盗事件のヒントを見つけながらも、見過ごしてしまう老巡査が気付くかどうかはほんの少しの事だと描きますが、実際には、その少しの事に気付けるかどうかの違いが人生に大きな違いをもたらす事だってあるくらい、難しい事なんですよね。
それは著者自身も良く判っていて書いているんだろうなと言うが、心憎いところです。
誰もが小説に登場する名探偵のように見るのではなく観察することだ…というわけには、なかなかいかないのです。

勿論、物語は少しだけ波乱の展開を見せて終わるのですが、それも英雄譚とは少し違う、とても身近な距離に感じられる終わり方なのです。
でも、心から応援したくなる作品です。

そんな人物を主人公に据えてくるのは、やはり夢野久作さんの凄さだなぁと感じるのです。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.