About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
S岬西洋婦人絞殺事件/夢野久作
横溝正史さんのインタビュー作品を読んでいたら夢野久作さんの名前が出ていました。
余りミステリーと言う印象は無かったのですが、調べてみたら本格っぽい作品もある事を知ったので、読んでみました。

ある館に住む外国人夫婦の妻が夫の留守中に絞殺された。
その時に家にいたはずの調理人は近くの海岸で眠りこけているところを見つけられた。
彼は出てもいないはずの満月を見たと主張する。
そして妻の死に悲しみにくれていた夫は、やがて自殺をしてしまう。
三人に共通していた体中の刺青の意味とは?
そして、料理人が見たと言う満月の正体は…?


少し長めですが短編ですね。
謎の刺青や、被害女性の夫の謎の自殺やら、夢野久作さんらしい混沌とした雰囲気がたまらないです。
読んでいると、もう本格じゃなくてもいいや…と(笑)。
厳密に本格なのか?というと、少し微妙なところもあるのかもしれませんが、中盤から登場する探偵役の犬田博士の事件解決の手法はとても近代的な探偵像かつ、本格の雰囲気が溢れる良作です。
刺青に持たせた意味や、時代柄を考えると夫婦に割り当てられた役割と言うのも意外性があって興味深いですね。


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1335-d07f96b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記