本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

殺しの風が南へ向かう(倉敷から来た女)/西村京太郎
今度の舞台は沖縄です。
短編集、倉敷から来た女はなんとも情緒に溢れた舞台が選ばれる作品が多いですね。

背中を刺されて殺されている身元不明の死体が見つかった。
身元が判るようなものは全て奪われていたが、所持していた三線のバッチから、沖縄料理店を営む男だと判明した。
しかし一緒に店を経営している妻が行方不明になっていた。
彼らは死の直前、帰郷していた沖縄で、何か良いチャンスを手にしていたと言う。
周囲の三線を教えていた人たちに、もう少ししたら発表すると伝えていたのである。
沖縄で調査を進めていると、幽霊会社を作って詐欺を働いていた男が浮上してきた―。


なんていうか、被害者夫婦が三線のバッチを異常に愛用していた事が事件のキーワードになるという作品です。
結局、身元が明らかになるときのキーワードは、夫婦揃ってバッチだったという。

ところで被害者は沖縄の人なので、堀の深い顔立ちをしていたそうで、亀井刑事がこんな感想を漏らしています。
私の顔は、丸くて、ぺちゃんこで、どうみたって、ハンサムじゃありません

…なんていうか、とても伊東四朗さんが思い浮かびます。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.