About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
とある魔術の禁書目録6/鎌池和馬
更に続きを読んでみました。

この作品は、個人的には凄く興味深かったです。

新学期を向かえた上条当麻は始業式へ出席していた。
学校についてきてしまったインデックスは風斬氷華という少女と出会い、友達になる。
三人は一緒に出かけてゲームセンターで遊んだりしているのだが、テロに巻き込まれてしまう。
そのテロを起こしたのは科学と魔術が手を結ばないように決定的なダメージを残そうとしている魔術師で、ゴーレムを操るシェリー=クロムウェルだった。
彼女が科学と魔術の間に諍いを起こしたい理由とは?
そして、風斬氷華という少女に秘められた秘密とは?


インデックスが久し振りに良く登場していますね。
久し振りだと思うのも当然、御坂美琴とインデックスは初対面です。
これまで交わる事が無かった事に逆に驚いてしまいました。

そして人間って何だろう?という問いに対する、上条当麻のシンプルな答えって、大切だと思うのです。
科学の進化と、倫理的な問題が絡み合うデリケートな部分ですが、そう遠くない未来に、生物としては不自然な形で誕生する生命や、生命のようなものというのは実現可能になってくると思うのです。
でも、結局…大切なのは、どんな形であれ、感情のあるもの同士であれば、そこに経緯は関係ないのではないでしょうか。
ドラえもんとのび太がお互いの形の違いを意識せずに友情を育んだように、深く考える必要は無くって、もっと浅いところで付き合っていてもいいと思うのです。(付き合いが浅いと困るのですが)

そんな事を考えさせられる興味深い一冊でしたぜ☆

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1329-a6c109ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記