本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

竹久夢二 殺人の記/西村京太郎
僕の地元である岡山が舞台となった西村京太郎サスペンスを読んでみました。

この作品でスポットを当てられたのは竹久夢二さんです。
岡山のみならず全国で人気の美人画作家の方ですが、生まれたのは岡山ということで岡山県では美術館はもちろんのこと、生まれ育った生家も観光スポットとして人気を集めています。

竹久夢二の未発表スケッチを手に入れた女子大生が殺された。
ミス岡山として新幹線の中でお土産を販売している際に銃殺されたのだった。
事件が起こったのは東京で、事件の目撃者でもある十津川警部は岡山県警と共同で調査に出ることになった。
牛窓の再開発、そして消えた夢二の未公開スケッチ…。
相次ぐ事件の関係者の謎の死に挑む。


事件が発生した場所が新幹線の車内で、岡山県と東京都という距離感のある調査…。
否応無く王道の西村京太郎サスペンスに期待してしまいますが、意外にも事件は時刻表とは別に進んでいきます。
もしかすると西村京太郎さん自身、竹久夢二さんへの造詣が深いのでしょうか。
物語中では竹久夢二フリークにして、非常に画風の似たアマチュアの画家が重要登場人物になっていますし、十津川警部も事件のヒントを得る為に急仕込みとは思えない知識や見解を述べてくれます。
この作品はサスペンスでさえないのかもしれないですね。

ネタバレ等は続き以降で。



ネタバレのスペースなので、はっきりと書きます。
この事件、犯人は逮捕されているものの解決せずに終わります。
事件に関する大体のことは判っている状態で、なおかつ犯人は事件の一つのみに関して逮捕というところで終わるので、決して推理小説のタブーである未解決に陥っているわけではないのですが、些細な事でもはっきりさせずに終わってしまうというのは気持ちの悪いものだなと思いました。
容疑者になってしまった人は、結局容疑を晴らすことも無く自殺してしまいますし。
その点では、ちょっと後味のよくない作品でした。

ただ、十津川警部シリーズを読みながら、なおかつ竹久夢二さんの基礎的な知識が手に入るという点では非常にお買い得な一冊かもしれませんね。
僕が読んだ文庫では最初のページにカラーの本物のイラストがと掲載されていましたよ♪

最近読んだ西村京太郎さんの作品の中では比較的新しい時代の作品でした。
携帯電話が出てきたり、県警と警視庁の対立構造が描かれたり…。

そんなところに、妙に時代の変化を感じてしまいました。





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.