本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

シャーロック・ホームズ/アーサー・コナン・ドイル
シャーロック・ホームズシリーズを読んだ感想の目次ページへのリンク一覧です。

□ 短編集
シャーロック・ホームズの冒険
シャーロック・ホームズの回想
シャーロック・ホームズの復活
シャーロック・ホームズ最後の挨拶
シャーロック・ホームズの事件簿
シャーロック・ホームズの叡智(日本独自編纂の短編集、目次無し)

□ 長編
緋色の研究
四つの署名
バスカヴィル家の犬
恐怖の谷

短編集はリンク先がそれぞれの短編集に収録の作品へのリンクに、長編はそれぞれがダイレクトに感想文へのリンクになっています。



久し振りに緋色の研究の記事を読み直していたら、投稿日が06/12/15になっていて驚きました。
随分と長く掛かって、ようやくシャーロック・ホームズシリーズの感想文を書ききりました。
2006年の年末、このブログを作った時の事は今でも良く覚えています。

このブログを作ったのはホームズのシリーズに関する感想文を書く為でした。

ネット上には様々なホームズの作品へ対する感想がアップされていて、僕自身もそれを楽しみながら読んでいたのですが、事件自体を楽しんだり、様々なトリックの後年への影響を楽しんだり、作品自体を楽しんだり…。
色々な楽しみ方がある中へ、『ワトソンの毒舌』という切り口で楽しむのはどうだろうか、と思いついたのがきっかけでした。
後、作品の人気や注目度に関わらず一つの作品に一つの記事、それなりの分量で…というカテゴリーを作ってみたいという興味もありました。
感想の多い作品、少ない作品もやはりありますが、『本の虫、中毒日記』なら、ホームズのカテゴリーをクリックして頂ければ、全て読めるのは、僕の数少ないブログ自慢の一つです。
…他の自慢は内緒です。

ホームズのコアなファンじゃなくても、もしかしたら原作を読んだ事がない人でも楽しめるものが出来れば凄く楽しい事ではないかと思って立ち上げて、気がつけば2011年。
危うく5年がかりの作業にしてしまうところでした。

これだけの年月をかけてしまったのは、出来れば多くの人に知ってほしいと、色々なジャンルの別作品の紹介も同時進行で行った事、そして何よりも途中からホームズの感想文を書くという作業を終わらせてしまう事を寂しく思った事が、時間の掛かった理由です。

僕の読書感想文は、従来のホームズファンの方々に受け入れられるものだったでしょうか?
もし僕の感想文で、ホームズシリーズを再び読んでみようと思ってくれる方、もしかしてこれをきっかけに初めて読んでみようと思ってくれた方…そんな人がいてくれれば、本当に幸せです。

今後、このブログをどういう形で続けていくのかは、まだ良く判りません。
ホームズの為のブログだった場所なので、惰性で長く続けるのが正解なのか…まだ考えがまとまらないので、当面はこのまま続けていこうと思います。
もし新しい形でホームズシリーズに関する記事を挙げていければとも考えているので、今後もそっと見守っていただければ最高です。

ずっと本の感想文だけを書くと決めて続けてきたブログでしたが、5年近い期間の中で始めて日記らしい日記を書いてみました。
駄文にお付き合いいただいて、有難うございました。
願わくば、またこういった日記をかけるような充実した気持ちに浸れるゴールとの出会い、そして達成が何度も僕の生活に訪れることを。
また機会があれば、お付き合い下さい。

本の虫、中毒日記
Fujisaki.




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.