本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

安全な水はどう確保する?/橋本淳司
先日の東日本の大震災の被害を受けて、もう一度飲み水の大切さについて考えようという一冊です。
僕の住む岡山県は、非常に天災の少ない県です。
地震も少ないですし、台風もまるで決まった台本のように岡山県には大した影響を与えずに通り過ぎていきます。
雪や雨も少なく、住むには非常に良い環境といわれる一方で、天災へ対する認識や危機感の弱さを指摘されることもあるようです。

この本は自分の身近で出来る事も多く掲載されていたので、勉強のために読んでみました。

今まさに差し迫った問題である放射能と水との問題の他に、あまり注目をされることの無かった震災と水の問題をピックアップしている事の他に、現在人が忘れかけていた水の保存の仕方などが紹介されています。
また雨水の活用の仕方なども掲載されています。
現在人の体は僕も含めてお上品に出来ているので、どんな水でも飲んでしまえ!というわけにはいきません。
そういう時にこんな水との付き合い方を書いた一冊から得られる知識というのは、とても役に立ってくれると思います。

でも、不思議な感じですね。
僕自身も知識が無いので偉そうな事は言えませんが、祖父くらいの年代まで遡れば、上手に井戸と水道を使い分けたり、上手く水との付き合いをしていた筈なのです。
こういう本を読むことも大切ですが、まだまだお元気な先人の知恵を、もっともっと活用していく大切さを実感しました。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.