本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

電子書籍革命の真実 未来の本 本のミライ/西田宗千佳
僕はこのブログの中でもたびたび電子書籍で購入した本を紹介したりしていますが、iPad人気などで、電子書籍への注目が高まりつつある昨今に、ZAURUS以降久しぶりに時代を先取りした気持ちになれたものです。

自分が愛用していながら言うのも妙な話ですが、その熱も落ち着きつつあり、結局本は紙なのかなぁ…なんて思ったりもしますが、こんな本を読んでみました。

まさに電子書籍元年と言われた2010年に今後の展開を模索した一冊です。

ただ、この本は電子書籍を読む為にはどんな媒体がいいとか、そういった内容ではありません。
従来の液晶と、電子ペーパーの違いなどは解説されているものの、基本的には業界的な内容なんですね。
例えば、電子書籍が来る!と言われても、従来の印刷会社がそれほど焦らない理由。
それは日本の書籍の分野に、たとえ紙が電子に変わっても印刷会社が果たす役割があるからです。
はたまた僕も少し気になっている統一フォーマットのありかた。
これは面白い話で、従来のようにいくつものフォーマットがある状況は変わらなくてもいい話なんですね。
僕は電子書籍をZAURUSで読むので、フォーマットはTEXT、XMDF、少し動作は重いですがPDFに対応できます。
しかしソニーやiPadは異なる形式で、統一フォーマットというと、この中から唯一生き残るフォーマットを決めないといけないかのように感じますが、そうではなくて、それぞれの形式で本を作る際に、ルビの打ち方などのルールを統一にすることで色々な形式の本を作るにしても、いちいち形式に併せた作り変えが必要ないようにしましょうよ…というものなんですね。
確かにこの考えが浸透すれば、買った端末によって、かつてのベータ VS VHSのような悲劇が起こったりしないでしょう。

こんな具合で、今後の展開をにらんだ情報が満載の一冊です。
ただ単なるユーザーたる僕がそれを読んでも、どうしようもない部分もあるような、ちょっと深い一冊でした。





もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.