本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

ライオンのたてがみ/シャーロック・ホームズの事件簿
いってみれば私の頭は、色々な荷物をごたごたと詰め込んだトランクルームのようなもので

ホームズの引退後に起こった事件です。
引退後の事件といえば、本当に最後の最後に現役復帰をして見せたスパイとの戦いの事件が思い浮かびますが、こちらは引退後のホームズの穏やかな日々を思わせる事件になっています。

以前より話していた通り、既にサセックスへ移り住んでいたホームズ。
ワトソンとの付き合いは絶えたわけではないものの、たまにワトソンが訪れるくらいになっていたそうです。
なのでこの事件の際もワトソンはおらず、ホームズの一人称によって描かれています。
以前はワトソンの描写に関して不平タラタラだったホームズも、白面の兵士事件を通して、執筆の大変さを悟ったのか、『ああ!あの男さえいてくれれば』と、自分が経験した『難解かつ異常な事件』をドラマティックに描いてくれる相棒が居ないことを嘆いています。

引退したホームズは、途中で合流した友人と自宅の近くにある浜を散歩していた。
そこで友人の経営する受験指導学校で働く教師と出会った。
しかし彼はフラフラと歩き、やがてその場に倒れこみ、『ライオンのたてがみ』という謎の言葉を残して死んでしまったのである。
遺体には謎の真っ赤に腫れ上がった網目模様の傷が残されていた。
婚約者と落ち合う約束を記した手紙、恋敵だった同僚の教師…。
そして、愛犬までもが被害者と同じ場所で同じようにして死んでしまったのである。


年を重ねたホームズの描写も面白くて、『得意の想像力すらさび付いたのか』等という弱気な発言を見ることが出来ます。
親友のワトソンとは離れてしまったものの、この事件の関係者ともなるハロルド・スタックハーストという人物と知り合い、親しくしていたようです。
夜になるとお互いの家を行き来したりと、気ままな交流をしていたそうです。
…ホームズではなく、僕がワトソンの居ない生活に馴染むホームズに多少の寂しさを感じてしまうのでした。

ネタバレ等は続き以降で。


前回のホームズの手による作品と比べると、こちらの方がホームズの素直な内面に触れられるような気がします。
頭の中にたくさん詰め込んだ知識から、必要な知識が結びついていくような話など、今までワトソンを通して語られてきたことをホームズ自身の表現で読めるのは興味深いことでした。

さて、ネタバレなのですが…。
モルグ街の殺人』の系譜にある作品ですね。
ドイルが描いたキュアネア・カピラータ(キタユウレイクラゲ)が実際に、作品中のような傷を残すのかどうかは知らないですが、人間的な攻撃の仕方を持つ動物を選出するという点では面白いですね。
後は犯人の居ない事件という提示の仕方も面白かったです。

表面上、容疑者になりそうなキャラクターがいるのに、実は誰も犯人ではない。
結局、この作品はオチが全てなんですよね。
途中経過にある調査は意味を成さない。読者をひきつけるだけひきつけて、最後の最後で全く別の答えを提示する。
その瞬間に感嘆できるかどうかで作品の感想が変わってきそうです。

…実は、僕は感嘆できなかった方でした。
引退後のホームズを読めるという点では非常に好きな作品なのですが、推理小説としては余りお気に入りではないという、本末転倒な感想を持っています。




もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.