本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

キトマンズのルビー/ヒュー・キングズミル(シャーロック・ホームズの災難・下)
探偵:シャーロック・ホームズ
語り手:ワトソン、バニー

この作品は凄く楽しめました♪
語り手の二人目として登場するバニーは、『二人で泥棒を』で知られるラッフルズとバニーのバニーです。

ラッフルズは貴重なルビーを盗むことに成功したが、ホームズに見つかってしまった。
そこでルビーを返すことを条件に、二人を見逃すという取引をする事になった。
しかしただ敗北するわけには行かないラッフルズは、取引の場へ精巧に作られた偽物を持ち込むのだったが…?

ラッフルズとホームズというビッグネームが揃ってはいるものの、この作品の主人公はバニーであり、ワトソンです。
余り良い役回りとは言えないものの、普段の二人のキャラクターを最大限ディフォルメして描かれているこの作品は、おなかを抱えて笑いながら読めます。
天才二人の精密なやり取りをぶち壊していく助手二人。
作品中では決してメインにならなかった楽しみ方を、思い切り表舞台に出して見せています。

ワトソンはもっと洞察力があるはずだとか、ホームズがワトソンに『このどあほう!』のような言葉は使わないだろうとか、ファンには色々と思うところがあるのかもしれませんが、そう硬い事は言わずに気楽に楽しみたい作品です。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.