本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

三破風館/シャーロック。ホームズの事件簿
ワトソンとホームズが久し振りに会ったときに遭遇した事件です。
久し振りの再会で、ホームズは珍しく口数が多く盛り上がっていたようですが、そんな時に急な来客が訪れます。

ちなみにワトソンの感想は『(急に訪れた客を比喩して)怒り狂った雄牛が闖入してきた』でした。
この医者は昔から何故か人間を動物に例えたがる悪い癖があります。

この来客は敵意丸出しにホームズを威嚇し、事件に首を突っ込まないように警告を発します。
ちなみにこの時のホームズは非常に冷静な対応を見せ、突きつけられた拳(恐らく潰してあるのでしょうか?)を見て、『生まれつきこうないのかい?それとも段々こんな風になったのかね?』と話したり、男の過去の犯罪に関する情報を得ていたようで、それを指摘するときにも『あんたの体臭はどうも好きになれないから、どうぞお座り下さい等という気は少しもない』と言い放つなど、珍しく攻撃的なホームズを見る事が出来ます。
ちなみにホームズが攻撃ならぬ口撃を仕掛けている時、ワトソンはというと…。
火かき棒を取り上げた(こっそりと)
この医者、危ねぇ!
ホームズの家を訪れる襲撃者に告ぐ、真に恐れるべきは医者の方だっ!

閑話休題。

ホームズが取り組んでいた仕事というのは、屋敷を買い取りたいという提案をされた婦人からのものだった。
その提案は婦人にとっても金銭面で充分に良い条件だったが、一つ奇妙な条件が加えられていた。
それは屋敷内の家財道具から何から何まで全て買い取りたいというもので、手放したくないものは先方の許可を得てから持ち出すという奇妙な条件だった為、この提案は拒絶されたのだが、この出来事を訝しがった婦人は、かつて亡き夫や息子と関係のあったホームズへ依頼を出したのだった。
そこで話を聞いていると、屋敷の中のメイドも買収されており、更に夜盗が侵入するという事件が続いて起こったのだった…。


始まり方が他の作品にはない荒々しい感じではあるのですが、物語としては久し振りに従来のホームズらしい内容に仕上がっていると思います。
ちなみに上記の襲撃者との会話ですが、襲撃者が黒人の方として描かれていることや、ホームズの発言から、現在では余り好ましくない描写ではないかという意見があるようです。
もしかすると、今後発売される作品においては、表現の変更や割愛などが加えられる可能性もあるかもしれませんね。

ネタバレ等は続き以降で。


凄く単純明快で判り易い事件ですね。
トリックというよりは物語を楽しむ方が合っているのかもしれません。

屋敷ごと一切合財を買い取りたいという事は、その屋敷の中に家人もまだ気づいていない貴重な物があるという事であり、尚且つ提案がされた時点から比較的近い時期に持ち込まれたものである可能性が高い。
実は最後のホームズによる謎解きに至るまでに、全てのヒントが判り易い形で登場しているという王道の本格推理小説です。
個人的には推理小説の『本格』というのは何か?という質問をされたら、この作品を読ませてあげれば判り易いのではないかとさえ思います。

物語の最後も、ホームズらしい、法に則るのではなく皆が同等に幸福になれる結末で充実の作品でした。







もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.