About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
三毛猫ホームズの騎士道/アスク
同名の赤川二郎さん原作の小説をゲーム化した作品です。
ゲームボーイでは数少ない推理のアドベンチャーゲームでした。
久し振りに楽しんでみました。

僕はクローズドサークルの推理小説を始めた読んだのは、原作の作品でした。
条件が限られた中での推理や、古代のお城を舞台とした物語の雰囲気にとても傾倒した記憶があります。
今でも赤川二郎さんの作品の中では一番好きな作品です。

さて、このゲームは原作をゲームボーイへコンパクトに纏めています。
アドベンチャーとしては総当りで攻略できますし、推理も最後の犯人を言い当てるのを一発でいけるかどうかくらいしか機会はありませんが、少ない容量の中でしっかりアドベンチャーをしていますし、中世ヨーロッパのお城の雰囲気もそれなりには楽しめます。
また使う機会は少ないのですが、プレイヤーの視点を切り替えられる機能など、最近のアドベンチャーに通じる機能も導入されています。(クリアまでに手動で捜査したのは1度だけでした。後はコンピューターが勝手に切り替えてくれました)

ただ悲しいかな、コンパクトに纏めすぎたせいか原作を読んでいないと判り辛いと思います。
でも原作を読んでいるとあっさり終わって、寂しいくらいです。
今でしたら中古で安く買い求めることも出来るでしょうし、手にとって見てはどうでしょうか。
…その前に、押入れの中にあるゲームボーイがまだ動くかどうかの確認は大切ですが(笑)。

総プレイ時間は1時間未満でした。



テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1276-1b0d0716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記