About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
とある魔術の禁書目録4/鎌池和馬
ある日、日常が覆ったら―?
そんなお話し。

つまりは、そういうこと。

以上。

夏のバカンスで家族とインデックスを連れてバカンスへ訪れていた上条当麻。
しかし目覚めてみると家族が、中身はそのままにてんでバラバラの人物と入れ替わっていた。
筋肉隆々のインデックス、外見がインデックスの母親、妹キャラの御坂美琴…。
この原因は何者かが放った『御使堕し』という術が原因だった。
そして、その意外な犯人とは―?

ネタバレ等は続き以降で。


相変わらず判るような判らないような例えが沢山のシリーズ、第四弾です。
ここまで意外にも主要人物の家族というものが殆ど登場しないままに展開してきたのですが、なんといきなり上条家勢ぞろいです。

家族が出た時点で悟るべきだったのかな。
親子の絆に関する物語です。

SFだからという理由で忘れがちですが、学園都市という存在は色々な意味で歪な存在です。
その基本的な動機である、親が子供をその学園へ入れようとした動機に関する記述が面白いです。
またここまで主要人物としては影の薄かった神裂火織が中心的な役割を果たし、そういえばいたっけ…的な土御門元春も大々的に活躍して見せます。
親子の絆というコンセプトに対して、この二人の存在感が強すぎるきらいはありますが、なかなか感動的な物語です。


テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1274-1dc6ca6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記