About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事

本棚

カレンダー


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

本の虫、中毒日記
読書感想文、乱発中。
フクロウにあいたい -ForestAngel/横田雅博
そういえば名前はよく聞くけど、フクロウってまじまじと見たことが無いなぁと思って読んでみました。

フクロウの一年間くらいの生活を通しで紹介する写真集です。
小さい頃、兄弟と一緒に暮らしている頃の生活からそれぞれ独立して雪の中でぼんやりと森を見つめている姿までを見ていると、なんとなく家庭っていうのはいいもんだなぁと思ったりします。
鳥に表情など無いはずなのに、フクロウが雪の中で目を細めている姿は、なんとなく一人の寂しさを感じさせます。

フクロウのイメージというと、昼間は寝ているばかりなのかと思いきや、意外と目を覚まして活動しているんだなと思いました。
ネットでフクロウの情報を調べたところ、夜目が非常にきく構造に進化した為に、逆に昼間がまぶしすぎるのだそうです。
その為に昼間に目を細めているのですね。
その夜目と同じく優れた聴覚を利用して夜に餌を獲っているのだそうです。
またフクロウが人間的に見える理由として、目が人のように正面に揃っているということが挙げられますが、これも目に見えているものまでの正確な距離を知るためなのだそうです。
調べれば調べるほど、自分たちの生活に特化した進化をしてきたフクロウ。

でもこの写真集で見ていると、もっと人間的で可愛らしい感じがしますね(^-^)


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌


もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tontonme.blog85.fc2.com/tb.php/1273-791bfd5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

amazonで探す

本の虫を管理する!

ブログマニア

古本の雄、ブックオフ ネットデビュー! ¥1,500以上送料無料

リンク

このブログをリンクに追加する

旅行記