本の虫、中毒日記

読書感想文、乱発中。

About Me

Fujisaki

Author:Fujisaki

基本はシャーロッキアン。
でも雑食の本の虫。資格からマンガまでそこに文字がある限りっ。

紙魚、コナチャタテとはちょっと違う本の虫ですので、駆除はご容赦下さい。

最新入荷記事☆

本棚

カレンダー


05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お勧め。


ポストで買取,eBook Off

年代別ブログ図鑑

皆様の感想文

トラックバック

ベストセラー

にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ

新5分間ミステリー/ケン・ウェバー
ミステリークイズです。
電子書籍のサイトを覗いていたら見つけて、思わず読んでみました。

内容は伝統的な推理クイズの本です。
事件のあらましが記述され、最終的に読者が答えを考えて答えのページへ読み進める…。

凄く余談なのですが、僕はこの推理のクイズが好きで本当によく読んでいました。
最近の若い方はご存じないかも知れませんが、藤原宰太郎さんという作家の方がこの手の大家ともいえる方でして。
古今東西のクラシカルな殺人トリックを短いクイズに濃縮して紹介してくれていました。
僕のブログでは残念ながら余り紹介していなくて、この記事ぐらいなのですが、『世界の名探偵50人』では、藤原宰太郎さん自身も参考にし、描いてきたクラシカルな名探偵をズラッと紹介していて、僕はこの本から多くの推理小説のクラシックへと旅立つきっかけにりました。

この本でも伝統的な匂いのするトリックや、斬新なトリックまで色々と紹介されています。
…あぁ、なんだか藤原宰太郎さんの紹介記事みたいですね(笑)。

推理クイズ物自体は、藤原宰太郎先生の作品をかなり読み漁った影響で食傷気味になってしまい、あまり読んでいなかったのですが、作家が海外の方という事で登場人物の名前が横文字だったり、文章の雰囲気も違ったりで、久し振りに楽しんで読む事が出来ました。
僕はこの推理クイズというのは推理小説におけるショートショートだとさえ思っているんですよ!

電子書籍でこのジャンルの本を読むのは初めてだったのですが、最大の利点として紙のように透けない、捲り間違いが無いという点があります。
紙の本ではどうしても間違えて答えのページをいきなり開いてしまったり、次のページに有る答えが透けて見えたりと、色々と残念な事があったりするのですが、電子書籍の場合はそれが無い。
このジャンルと電子書籍というのは、相性が良いのではないかとさえ思いました。



もしお役に立てましたら、クリックして下さい。喜びます、きっと。












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

ブログ内検索

amazonさんで探す

本の虫を管理する!

copyright 2007 本の虫、中毒日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ.